スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お土産写真

20090716105334
道北技研であります。


今日は、模型製作とは関係有りませんが20年ぶりに利尻島に行ったのでお土産写真をアップします。

良く撮れた写真が、これです。

利尻島は、鴛泊港より左手に進みまして3キロぐらいですか。山の方に登りますと、たどり着きます。

【姫沼】と言います。
由来は、食料事情を改善するためにヒメマスを放流した人工的な沼だそうです。
と、看板に書いてありました。


20年ぶりに訪れた姫沼は、当時よりも木も成長!生い茂り荘厳な雰囲気に成っておりました。
整備された木道より撮影しました。丁度、お昼時でしたので観光客も去り非常に静かで自然を満喫しましたよ。
クマゲラなども生息するようです。この時は、コマドリが自分の縄張りを主張するように沢山と鳴き交わしていました。


初夏~利尻島は姫沼の写真をどうぞ堪能していただいて下さい。(^-^)/
もののけ姫の森の様です。

仕事を済ませ、カーフェリーを待っ空き時間に小観光しました。

コメント

非公開コメント

おおー 涼しそうですね!
今すぐ飛んで行きたいっす。

涼んで、いただけましたか?

当日は18゜ほどと、ウインドブレーカーを着ていて丁度よい気温でした。


北國海軍工廠さんは、フェリー大丈夫ですか?
昔のフェリーよりは、大型化されています。揺れも少なくて、船酔いしなくなりましたよ。一時間半ほどの船旅です。

この程度の揺れでも、はしゃいで歩き回りますと酔いますねぇ~。(^_^;)
観光客の中には、これぐらいの揺れで…???
船酔いされてます。


コツは、ローリングセンターに頭を向けることですね。中心部分は、揺れないのです。楽しくて窓際にて景色を見ようモノなら、一発ですね。


天気の良い日は、フェリーと泳ぐイルカも現れます。

暑い日が続きますが、体調に気をつけて下さい。


休日の後半…何か調子が上がりまして製作も少しは進捗しました。

道北技研さん、こんにちは!
こういう写真もいいですね~
人工とは思えない神秘的な風景です。

arumokuさん、お久しぶりです。

自分も久しぶりの利尻島でしたが、自然を満喫したしだいであります。(^-^)/

礼文島とは、趣が違いますよ。礼文島は、標高が低いので風当たりが強くて樹木が育ちづらいのです。
ですから、平地でも高山植物が群生する花の島と呼ばれています。


一方、利尻島は利尻山が風避けになりまして樹木が生い茂り、手つかずの自然が麓を覆っています。
まるで!北の屋久島の様ですね。

利尻昆布と言い、ウニと言い!海産物にも恵まれています。利尻昆布は、宗谷を含む昆布すべての総称です。


予算や休みが有りましたら、天然クーラーの夏の宗谷でリフレッシュされるのも良いかと思います。
プロフィール

北國海軍工廠

Author:北國海軍工廠
出戻りのおっさん モデラー(寅年)
あっと気が付けば五十路も半ば…
仕事、家庭そして趣味にと苦闘中。
写真は星になった愛犬のペキニーズ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。