オイルタンク製作とオイルライン

20090715204854
20090715204852
20090715204849
道北技研であります。


オイルタンク製作の続きとオイルラインへ進みました。
当初、オイルラインの引き回しはメッシュチューブを考えていました。

メッシュチューブに適当なサイズが無いので、ジャンクの電線を使いました。


最近のチューニングカーは、ステンメッシュのオイルラインに耐熱性の被服を巻いていますので、ビニールコードの表現でも間違いではないと思います。


まず、カムカバーよりブローバイホースを引きます。オイルパンより、オイルポンプへ。
オイルポンプからオイルタンクへとオイルラインを引きました。


オイルタンクの上部に、ブローバイホースとオイルポンプからのラインが集まってきます。

さらに、タンク底面よりオイルラインが出てきましてオイルクーラーへと向かう事になります。


三枚の画像は、いずれもオイルラインの位置関係を写したものです。
オイルラインの長さを決定してから、一本づつホースジョイントを削り出し、整形作業をしていますので、さすがに疲れました。
(>_<)地味な作業です。


作業は半ばで、エンジンヘッド後部より細いオイルラインの引き出しが残っています。このラインはターボの軸受けにオイルを供給します。

ターボの軸受け下部より、オイルラインを取り出してオイルパンへ戻すという工程です。

サージングタンクの完成で浮かれていましたが、まだまだエンジンルームから脱出!出来そうにありません…。



*ブローバイホース
カムカバーの中に溜まるオイルミストを回収するホースです。
燃焼室は、バルブとプラグによって構成されています。可動部品のバルブは、バルブステムシールによってシールされていますが、少しずつガスがカムカバー内部に溜まります。これを回収するホースなのです。

もう一つの目的は、高負荷運転を続けますとオイルパンでのオイルの回収が間に合わずにカムカバー内部に大量のオイルが溜まる事態が起こります。

非常事態にもブローバイホースが利用されます。

一般的なエンジンでは、ブローバイはサージングタンクに戻されオイルミストなどは混合気に混ぜられ燃焼されます。
以上、解説でした。


地味な作業の連続ですが、飽きずに頑張ります。

つづく…。

コメント

非公開コメント

道北技研さま おはようございます。
パイピングが入るとまた精密感がぐっとあがりますね。
このところ道北技研さまも長距離移動が多いようで、お疲れさまです。
自分も業務多忙で余裕が無く、バタバタの毎日です。
また本格的な暑さで体力的にも辛いですね。
(+_+)

北國海軍工廠さん、おはようございます。


珍しい仕事が入りまして、利尻島にて仕事をしてきました。カーフェリーの待ち時間にて小観光をしましたので画像のアップをしましたんで、ご堪能下さい。


仕事が、ハードにて進捗もチマチマ画像のみです。
疲れてまーす。(>_<)
プロフィール

北國海軍工廠

Author:北國海軍工廠
出戻りのおっさん モデラー(寅年)
あっと気が付けば五十路も半ば…
仕事、家庭そして趣味にと苦闘中。
写真は星になった愛犬のペキニーズ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード