スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寄り道企画

20090704135723
20090704135721
20090704135719
20090704135716
道北技研であります。
寄り道企画です。


フジミ、ブラックバードのポルシェの解説を。

キットは、3.8RSカレラに、ブラックバードのエアロをインサートしたキャラクターモデルです。
インテリアもバスタブにてエンジンなども付属しておりません。
ルーフタイプのエアロミラーが二組付属しているのが、嬉しいオマケですかね。

ブラックバードのポルシェと言えば、パイプフレームと言うことで製作したのが寄り道企画のポルシェです。
完成までに一年ほどかかりました。


エンジンレスキットですので、他のキットよりトレードすると早いのですが、もともとカーモデラーでは有りませんし…。トレードするにもキットが有りませんのでスクラッチすることにしたのです。


エンジンのサイズは、過去に製作したエンスーポルシェターボのエンジン寸法を計って製作しております。

シャーシを挟む様に二分割して製作しました。
二枚の画像が、それであります。

エンジン上部とサージングタンク、インタークーラーです。

エンジン下部とターボ&タコ足、燃料タンクです。

塗装&完成画像は、先にアップした画像ですね。


で、フロント側の塗装&完成画像です。
後で、間違いに気がついたのがブレーキマスターシリンダーです。完全に間違い…ツインシリンダーに作ったつもりですが並列にしてしまいました。
正解はマスターバック、一個にシリンダーが二個!一組になって直列に並ぶのです。

間違い、すいません。
m(__)m

後の位置関係は、だいたい合っていると思います。
遊び心として、燃料が減ることの重量変化に対しましてバラストブロックをこっそりと再現して積みこんでおります。


サービス画像のパイプフレームの全景です。
ボディーを被せてしまうと全く見えませんね。(笑)
ターボウイングのスリット越しに、インタークーラーがチラリと見える。
チラリズムを狙っております。


展示会にも出していませんので、暇潰し…ただの趣味模型ですね。


*同調管の解説
つづきです。このポルシェターボの作例にも同調管が写っております。
サージングタンクの圧力を平均化させる細いパイプです。
ターボ&タコ足にも、有りますね。作例のターボは、シングルターボにツインウエストゲートと言う組み合わせですね。
この辺が、チューナーさんの味付けなんでしょうか。推測するに、排気圧力が高めのエンジンなのでは?と考えられます。

F1などは、左右振り分けターボで同調管など有りませんね。サージングタンクの合流が絶妙で吸気圧力波によって、左右ターボの同調を取っているのかな…?
と悪い頭なりに考えてみたりします。(^_^;)

コメント

非公開コメント

ポルシェのエンジンはシャーシを挟んで、上下バーツ構成だったのですか。
面白いアイデアですね。
造型時はすりあわせに苦労された事と思います。

先週末はBlue1師匠の展示会を見学してきました。
残念ながら国親父師匠は欠席でしたが、展示会は落ち着いた雰囲気でまったりと楽しんできました。
ロードの合間に報告をアップしたいと思います。

北國海軍工廠さん、こんにちは。

展示会ですか。ブルー1師匠の!
これは、飛行機模型を堪能されましたね♪
製作中の三機にもフィードバックできますね。
うらやましい~。(^.^)


エンジンですね。二分割だったんです。一体で造形していたら、雰囲気が変わっていたかもしれませんね。
この時、ポルシェの資料写真などをかなり見たのですが。
実は…ポルシェのエンジンって見えている部分のほとんどは、導風板なんですよ。あの特徴的なファンからの!

エンジンマウントも、黒っぽい導風板を兼ねてまして、実車搭載時はエンジンヘッドの一部とエンジン裏の空冷フィンしか覗けないんですね。


そんな、理由で二分割でも無理がないと判断しまして変則的な造形になりました。(^_^;)


フジミのエンスーポルシェもエンジンマウントを導風板兼用で再現されていたはずですが…今度!確認しておきます。


お仕事、忙しいそうですね。のんびりとアップしてください~。
プロフィール

北國海軍工廠

Author:北國海軍工廠
出戻りのおっさん モデラー(寅年)
あっと気が付けば五十路も半ば…
仕事、家庭そして趣味にと苦闘中。
写真は星になった愛犬のペキニーズ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。