サージングタンク完成

20090624211701
20090624211658
20090624211656
20090624211654
道北技研であります。
長々と製作していました。サージングタンクが完成しました。

塗装済みパーツの説明は後で。

前回のアクセルリンケージに接続するロッドを接着しています。
ピンセットで示した部分です。素材は、プラグコードに用いる物です。
真鍮パイプでらしく~デコレーション。柔らかいのでプーリーの中心へ、ポチッとはまります。
これで、アクセルを踏むとブォ~ン!ブォ~ン!とエンジンが吹けますね。

パイプの前方には、吸気温度センサーと圧力センサーを追加しました。コードは、インジェクターのコード類に割り込ませてカムフラージュしています。

サージングタンク本体には、溶きパテにて鋳造肌を再現しています。パイプには磨きを入れてタンクとの素材の違いをつけました。

アクリルブロックにのせた完成画像です。軽くサフを吹いて、溶きパテのざらつき消しました。


塗装済みのサージングタンクは、ポルシェの物です。初期頃の荒い工作と塗装ですが。
鋳造肌とアルミ肌を表現したつもりです。溶接跡もオーバースケールながら、それなりなっているかな?
(笑)
実車を参考にしていますので、パーツの分割などを読みとっていただくと、ありがたいです。


サービス画像のエンジン横よりのショットです。
こんな感じですね。
オイルポンプに存在にて、前側のターボが後ろに追いやられて、上下に窮屈になっています。ポンプが無いと、楽にツインターボを取り回せるかな。
御覧の方々に参考になるかと思いましてのサービス画像です。

パイプ類はすべて、タイヤハウスをギリギリに迂回しながら造形していますので、やはり現物合わせの時間が掛かる作業になると思います。

次回からは、オイルタンクの製作へと進ん行きます。

つづく…。

コメント

非公開コメント

道北技研さま おはようございます。
エンジン機構の解説ありがとうございます。
小さな部品をひとつひとつ手作りで積み上げていく作業には、頭が下がります。
メカの精密感が出て、すばらしいです。

自分の方は、今日から四国→関西方面のロードです。
このところウィークデイはまったく模型に触れません。
夏の間はつらい日々が続きそうです。

北國海軍工廠さん、こんにちは。
いつも、コメントありがとうございます。m(__)m
チマチマ作業の連続ですが、なんとか大物をクリアしました。ほっと~。(^^)d
後は、パーツとパーツの接続はメッシュチューブやプラグコードを使いますんで取り回しが楽になってきますね♪

オイルタンクをゴリゴリ旋盤加工していたら、見事に失敗しました。(^_^;)
次回は、失敗作をまじえたアップになるのかなっと…。(笑)


九州ロードの次は、四国&関西ロードですか!?
うむー大変ですね。夏本番になりますし、バテないようにしてくださいね。
関西と言えば日本橋界隈~なにか、積みプラが増えそうな予感がしますが。(笑)
プロフィール

北國海軍工廠

Author:北國海軍工廠
出戻りのおっさん モデラー(寅年)
あっと気が付けば五十路も半ば…
仕事、家庭そして趣味にと苦闘中。
写真は星になった愛犬のペキニーズ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード