サージングタンクのディテールアップ

20090604102742
20090604102739
道北技研であります。

先週で、アクセルリンケージの組み立てを終えました。今週は、燃料デリバリーを製作します。

設定により、キャブレターと追加インジェクターの燃料制御により複雑です。

残念ながら下の追加インジェクターは、見えなくなってしまいました。
上の燃料デリバリーより、キャブレターに燃料ラインを引きこんでいます。
市販のメッシュコードを使っています。三種類試作しました、三個目を使いました。


燃料ラインを左右から引き出した画像です。これも市販のメッシュコードです。キャブレターにサージングタンクより、負圧を引きこんでいます。


後は、溶接跡の追加やホースバンドの追加などが残っています。
進捗の無い画像ですが、しばらく辛抱のほどを。

つづく…。

コメント

非公開コメント

道北技研さま おはようございます。
パイピングなど加えると機械の精密感が増してきますねぇ。
複雑な機構の再現 御見事です。

自分のほうは、このところ仕事の予定も混んできて
思うように時間が取れません。
週末は少しだけでも手を動かしたいですねぇ。

北國海軍工廠さん、こんにちは。


パイピングで、かなり密度が増してきました。

ここに来て、進捗スピードが落ちてきました。
進まない…。昨日も、ホースバンドの再現のみと全然進んでません。(>_<)
夜も眠いし…。
のんびりと、気が向くままに製作しますね。
プロフィール

北國海軍工廠

Author:北國海軍工廠
出戻りのおっさん モデラー (寅年)
あっと気が付けば五十路を超え、いまだ仕事、家庭そして趣味にと苦闘中。
写真は星になった愛犬のペキニーズ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード