キャブレター&サージングタンク~4

20090521091221
20090521091218
道北技研であります。

北國海軍工廠さんが、追い込みの為~連投になります。

前回、単品画像をアップしてますので組み付けた画像です。
苦労したかいがありましてなんとか水平に納まりました。横から、写した画像です。
こちらは、ボンネットの上部ラインからサージングタンクが突出してはいけなかったのです。
エンジンの傾きとボンネットラインの二つの方向から制約を受けていました。


なんとか、クリア出来ました。複雑な擦り合わせを伴う作業は終了です。

後は、アクセルリンケージや燃料デリバリーなどのオカズですね。チマチマと追加していきます。

ロールバーのガラスとのクリアランス問題も有りますけれども、なんとかなるでしょう。


つづく…。

コメント

非公開コメント

道北技研さま おはようございます。
仕事にも、仕上作業にも追いまくられております。(>_<)
記事の投稿できなくてすみません。

> エンジンルーム
残りの空間が少なくなってきましたね。
あとの大きな部品はバッテリーくらいでしょうか?

北國海軍工廠さん、おはようございます。

お仕事、忙しいのではと思っておりました。
週末は、函館ですか?


エンジンルームですね。
バッテリーは後部へ移設されてまして、バッテリーの場所にオイルタンクが納まります。画像の右隅で、サージングタンクの下側です。

左側の空間には、燃料レギュレーターや点火系のパーツを自作して追加の予定です。
ブレーキマスターバックやクラッチシリンダーまでを自作しましたら、やっと後部へと脱出出来そうですね。

エンジンルームが、終わると進捗も早くなると思っています。


例会!楽しんでください。(^^)d
プロフィール

北國海軍工廠

Author:北國海軍工廠
出戻りのおっさん モデラー(寅年)
あっと気が付けば五十路も半ば…
仕事、家庭そして趣味にと苦闘中。
写真は星になった愛犬のペキニーズ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード