キャブレター&サージングタンク~3

20090515211627
20090515211624
道北技研であります。


失敗と成功を、アップします。

車載のモノが、失敗例です。ウキウキも、つかの間…半田部分もパイプ部分もほとんど作り直しました。
(>_<)


まず、エンジン側から作らなかった事です。

資料写真のキャブレターインテークマニーホールドをそのまま作ろうとした事です。

そして、マンガの設定にしたがってエンジン搭載位置を低くした事ですね。

結果、キャブレター&サージングタンクが大きく傾いてしまいました。


三つの間違いを修正し作り直すのに8時間を費やしました。


単品画像が、8時間の労作です。外形と寸法はOKですから細かなディテールアップへ移行できます。

ちょっと、気の抜けた状態になりましたぁ~。作業机の掃除をしまして、ほっとしています。


エンジンルームへ納まった画像は、翌週アップしますね。(位置決めに使用した便利グッズは、練り消しゴムでした。)


つづく…。

コメント

非公開コメント

道北技研さま おはようございます。
修正作業 御疲れ様でした。
艦船模型の場合も、単品部品として正確に作っても
取り付けてみるとバランスが取れてないことが良くあります。
なので仮組みでバランス取りながら、いわゆる現場合わせって
やつですね。
にしてもすごいこだわりですね。頭が下がります。<(_ _)>

北國海軍工廠さん、こんにちは。


そうですね。涙ながらの現物合わせでした。

詳しい方が、御覧になると…これは間違いだと気づいてしまいます。


キャブレターですね。垂直に吸気させる、ダウンドラフト型もあります。
この場合、水平方向に吸気させるタイプです。
内部構造もフロートがあるのです。(トイレのフロートみたいな)

可能なかぎり、水平にセットされないとダメなんですね。

以上な理由で、意地と根性で作り直した訳です。


追い込みですか?製作、頑張ってくださいね。
プロフィール

北國海軍工廠

Author:北國海軍工廠
出戻りのおっさん モデラー(寅年)
あっと気が付けば五十路も半ば…
仕事、家庭そして趣味にと苦闘中。
写真は星になった愛犬のペキニーズ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード