スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

車体前面の加工

20090318214027
道北技研であります。北國海軍工廠さんが、忙しいそうですのでアップが連投になります。


車体前面の加工です。中途半端で止まっていた側面のパネルを延長しました。
ボディーのエアロに合わせて下方にも延長しています。
整流パネルもプラ板にて造形しました。これで、車体とボディーの接続が可能になりました。

で、誰もしない加工を施しました。タイヤを付けたら隠れてしまいます。
タイヤハウスへの補強を表現しました。
タイヤハウスは、不完全ながら動かないアッパーアームを兼ねております。ですから、こんな加工になります。下方から上部へ当て板を溶接して補強を施しリブを立てた構造にしました。
左右の穴の空いた補強板を貼りつけて、タイヤハウスへのより高い剛性アップを図ったと見立てています。レース用語でステフナー加工と呼ばれています。


車に詳しい方にも、納得の造形と思います。

などなど、自己満足な造形と加工へ進んています。

つづく…。


はぁ…明日、抜歯されそうです。憂鬱だなぁ~。水曜日アップの真相でした。
(>_<)

コメント

非公開コメント

道北技研さま こんばんわ。
今週はロードが続き、記事投稿が遅くなってしまいました。
いろいろお気遣いありがとうございます。

>自己満足な造形
やはりこれが大事ですね! 自己満足を積み重ねて理想の
模型を作ってみたいものです。


抜歯とのこと 御大事にしてくださいね。
プロフィール

北國海軍工廠

Author:北國海軍工廠
出戻りのおっさん モデラー(寅年)
あっと気が付けば五十路も半ば…
仕事、家庭そして趣味にと苦闘中。
写真は星になった愛犬のペキニーズ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。