スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/700 CV-73 その2

同じく19日の進捗です。

艦載機先行と舌の根も乾かぬうちに、船体に着工してしまいました。
(透明の小さな部品が目に悪いのよ…苦)

イタレリの CV-71 セオドア・ルーズベルトも在庫していたので、同時進行
してみたいと思います。

CV73-02.jpg

原子力空母の2段重ね(笑) 下がイタレリ、上がピットロード。

イタレリのキットは1/720なのですが実際に比べてみると、そんなに大きさは
変わりません。(計算上は 13mm)
それより各部のプロポーション(エレベーターの間隔やアングルデッキ先端の
角度等)の方が違って見えます。
正確な図面があるわけじゃなし、そのあたりは適当に…(笑)

それより、イタレリのキットは圧倒的にディテールが足りないので、そのあたり
を中心に雰囲気重視でチマチマと加工していきたいと思います。

ピットロード CV-73

艦底板を補強、台座用ナットを固定し取り付け。
インスト通りハンガーのパーツ、舷側の大型パーツ、エレベーター周囲のパーツ
を取り付けました。
各部のフェアリーダーなど、細かくパーツ分けされているのでエッチングの手摺
ラッタルなど工作箇所を確認しながら組み立てます。

CV73-04.jpg

ある程度工作したところで、内装を塗装し、飛行甲板を取り付けてまた加工
塗装と進んでいく手順になりそうです。

イタレリ CV-71

CV73-05.jpg

このキット 艦底板に四角い大穴があいてますので、それをふさぎCV-73と同じように
プラ板をはり増して補強。
余っていたCV-73の右舷艦橋したの張出し構造物のパーツを取り付け。

CV73-03.jpg

右舷 前方のCIWSスポンソンですが、あまりに形状が違っていたので
ガシガシとヤスって修正。(穴が開いてふさいでますね。(笑)

せっかくハンガー内部の手本があるので、エレベーター開口から見えそうな
部分は、ハンガー内部を再現してみようかと思います。
また前述したように、前期型の余剰部品を流用したので、同じ中期型の
ルーズベルトではなく、前期型のニミッツもしくはカールビンソンにして
艤装の違いを楽しみたいなと思います。

ご笑覧くださいませ。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

プロフィール

北國海軍工廠

Author:北國海軍工廠
出戻りのおっさん モデラー(寅年)
あっと気が付けば五十路も半ば…
仕事、家庭そして趣味にと苦闘中。
写真は星になった愛犬のペキニーズ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。