フロントグリル

20081125233552
20081125233545
20081125233509
湾岸ミッドナイトの雰囲気を解釈しまて、まずエアロをバンパーとエアロを切り離します。

キットのグリルも切断しています。仮に接着してみたところです。
バンパーの厚み分を下に下げ、さらにエアロも同じように下に下げていす。

この時点で、キットのバランスが崩れていますがコミックを重視しますと…こんな感じかなぁ~。

合わなくなったホイルアーチを削りこんでボディーラインに合わせていきます。隙間は、プラ板と黒瞬間で埋めてしまいます。ポリパテ等は、いつまでもヒケますので瞬間接着剤を愛用しています。

ポリパテとプラ材は、膨張率が違います。焦るあまりにヘアドライヤーで乾燥させてしまって、消したはずの段差が浮いて出てしまった苦い経験があります。
(^_^;)

下側へエアロが下がってしまいましたので、サイドシルも下側延長してフロントとサイドのバランスをとって見ました。タイヤも小さく感じたのでホイルにマスキングテープを巻いて大きさのバランスを見ています。

ある休日の成果です。

つづく…。 道北技研

コメント

非公開コメント

プロポーション

精力的な更新ですねぇ。
正面から見て上下に厚みのあるプロポーションなのですね。
カーモデルの場合、ピカピカのグロス仕上にするので基礎工作には気をつかいますねぇ。
瞬着の場合、ヒケがない代わりに接着強度に問題がありませんか?
衝撃ではがれることがありますよねぇ。そのあたりの工夫もご教授ください。

いえいえ~(^_^;)

写真を撮った日付にて投稿しょうと思っています。
ですから、2日空いたり4日空いたりしますよ。臨場感のあるブログになるのかなっと考えています。


衝撃に弱いとのことですね。アロンアルファより耐衝撃性EXなる商品が発売されています。ひねりにも強くて愛用しています。
値段が高いのが難点ですかね。
ですから、ゼリー状と黒瞬間と耐衝撃を使いわけています。

艦船ライターの匠氏の紹介のゼリーと通常を混ぜる、これも同じことかと考えますが。多分(推測)、粘りのある状態になると思いますよ。

次回は写真の日付が2日後ですので、つづきは2日後ですね。

北國海軍工廠さんのアップもお待ちしております。
プロフィール

北國海軍工廠

Author:北國海軍工廠
出戻りのおっさん モデラー(寅年)
あっと気が付けば五十路も半ば…
仕事、家庭そして趣味にと苦闘中。
写真は星になった愛犬のペキニーズ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード