1/350 弩級戦艦 その1

4月13日 北國工廠の進捗報告です。

タイトルはその1となってますが、3回目の報告になります。
HMS Hercules の上部構造を組み立てました。

まず、工作の前に造形イメージを高めるため、長谷川大師匠の資料本を読み返しました。
不二美術の「軍艦模型の製作と研究 長門・陸奥」この本はBlue1師匠から形見分けとして
頂いた資料です。第3章が長谷川大師匠の1/500模型製作記になります。
いつみても正確なプロポーションとキレのある造形にほれぼれとさせられます。

hercules06.jpg

艦橋基部は10インチ副砲のケースメイトで結構複雑な形をしており、砲塔の梯形配置と相まって
なかなか形状の把握が難しかったです。

hercules07.jpg

出来上がった上部構造は、いつもより心なしかエッジが切れているように見えますが
気のせいでしょうか? (笑)

hercules08.jpg

ちなみにグレーのパーツ(煙突・司令塔)はトラペのドレッドノートから流用。
真鍮のマストはポントスのドレッドノート用ディテールアップパーツです。

ご笑覧ください。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

北國海軍工廠さん、こんばんは。

>エッジが切れているように・・・
積層削出しですよね!
鋭く切れの良い仕上がりに見て取れますが、
達人の域に達している作品ですね♪

複数の船台での作業も鉄人ですね!

小野浜日記さん いつもコメントありがとうございます。

1mmプラ板の箱組で形状出しをしてから、0.3mmもしくは0.5mmのプラ板を
仕上げ貼しています。
仕上貼りの順序とエッジ処理がキモでして、長谷川大師匠の資料本を読み返したのも
そのあたりのイメージを確認するためでした。

粗製乱造気味で恥ずかしい面も…(>_<)
プロフィール

北國海軍工廠

Author:北國海軍工廠
出戻りのおっさん モデラー(寅年)
あっと気が付けば五十路も半ば…
仕事、家庭そして趣味にと苦闘中。
写真は星になった愛犬のペキニーズ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード