スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラジエターパネルのディテールアップ

20090226114534
道北技研であります。

休日です。今日は、朝からのんびりしています。除雪も無いし、ほっと♪

前回の続きです。
溶接痕を加えました。ホースバンド等も追加しています。
不出来な、V字素材部分を使用してオイルクーラーをでっち上げてます。斜めになってまーす。格好悪いですね。

ロアホース回りもはっきりと写っていると思いますが。

リューターを使いまして、リザーブタンクを旋盤加工しました。バンドこと一体で彫りだしました。ラジエターとのパイピングを終了しまして、補器類の辻褄は合っていると思います。

次回は、パネル前面の追加工作へと進みます。

つづく…。

コメント

非公開コメント

道北技研さま おはようございます。
リューターの旋盤加工 すごいですね。
自分も試してみましたが、なかなかうまく行きませんでした。(>_<)
自作の固定スタンドなど使われてます?

北國海軍工廠さん、こんにちは。


旋盤加工ですね。意外ですが…手持ちで削り出しています。部品を最初は、小さな物から練習すると良いです。自分もこんなに複雑なパーツを削り出せると思いませんでした。


今回の物は、5mm材ですから実はキャップ側をくわえさせて削り出しています。キャップのプラ棒を芯だしして接着してからの作業でした。


あとコツは、一気に刃を当てない事ですね。少しずつ刃を進めると削れていきます。求める形に一気に削りますと芯ぶれを起こしてぐにゃぐにゃなりますんで、気長に刃先の削れを見ながらトライしてください。

リューターか・・・

一応プロクソンのちっちゃいの持ってますが
使ったことないんですよね・・・
(騒音と粉が飛び散るんで・・・)
船体のプラブロック作ったあと
舷側のモールディングに使えれば
便利そうなんですけどね・・・

RN工廠さん、こんばんは。

リューターですね。実は4台目なんです。

一号機は、プロクソンでした。ビットを差し込むタイプです。最初は、良かったんですがビットが空回りするために…差し込みが焼けました。

二号機は、遊び半分で本物のエンジンヘッドを研磨…振動にて配線切れ。

三号機、四号機ともウェーブのリューターを愛用しています。三号機は、回転数の調整ボリュームが振動にて壊れました。四号機も同じタイプですので、その内…壊れる(;_;)

その後、ウェーブでは回転数調整ボリュームを本体から離しています。モーターの振動に耐えられないんですね。

キリコ~盛大に出ますよ。かたらわに常時、掃除機を待機させています。(笑)


しかし、真円とか丸い造形物にはもってこいの機械だと思いますので一度トライして見てください。
四角、三角、丸が作れますと、ほとんどの人工的造形物がこの組み合わせで作れると思います。
プロフィール

北國海軍工廠

Author:北國海軍工廠
出戻りのおっさん モデラー(寅年)
あっと気が付けば五十路も半ば…
仕事、家庭そして趣味にと苦闘中。
写真は星になった愛犬のペキニーズ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。