第1次大戦 英独戦艦 その12

この週末 土曜日は静岡ホビーショウ合同示会の見学に行ってきました。
展示会、参加者の多さにもびっくりしましたが、見学の人出の多さにもびっくり!
国内大手模型メーカーのお膝元とはいえ、まだまだプラモデルも捨てたもんじゃないとうれしくなりました。

会場ではネットでしか存じ上げなかった工作隊員さん、AKGさんともご挨拶ができて良かったです。
短い時間でしたが、ありがとうございました。

さて、閑話休題。

華やかな世界とは全く別次元にあるかのごとき、わが北國工廠の作業はというと…
HMS サンダラーとSMS ザイドリッツ 塗装モードです。ゴールデンウィーク後半の連休に
甲板基本色を吹きつけ。翌週に板目のアクセント付け→クリアーコート→墨入れと進んでおります。

英独30

ドイツ艦の方は全体に赤みがかった材質を使用しているので、クリアーにオレンジを少しいれて
オーバーコートしています。
逆に英国艦の方は、オークの甲板を毎日洗い晒したイメージで全体に白っぽい表現としました。

その後はひたすらマスキングです。

英独31

先週末の状態。ザイドリッツの進捗 75%というところですな。

英独32

今週 月曜日の状態。ザイドリッツはマスキング完了。サンダラーは進捗80%。

英独33

中央部には沢山の載炭口がモールドされていますので、1.0mm真鋳パイプを研いで刃を付けて急造ポンチを
作成。モールドがくっきりと色分けできるようマスキングをしています。

土曜日に華やかな展示を沢山見てきたので、さすがにマスキングの単純作業にはモチベーションダウン。(+o+)
次の第1次大戦艦として、HMS ライオン、クィーンメリーの巡洋戦艦コンビニ手を付けました。
コンブリックの新し目のキットですので、繊細なモールドとスマートなプロポーションが秀逸です

英独34

ご笑覧ください。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

プロフィール

北國海軍工廠

Author:北國海軍工廠
出戻りのおっさん モデラー(寅年)
あっと気が付けば五十路も半ば…
仕事、家庭そして趣味にと苦闘中。
写真は星になった愛犬のペキニーズ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード