タ○ヤ・プロジェクト その5

10月の展示会まで日がない! (-_-;)

わかっちゃいるんですが、ケツに火いがつかないと認識できない
いつもの展開ですね。(^^ゞ

HMS ロドネイ は加工完了!


tamiya06.jpg

tamiya07.jpg


キットの設定年次は1920年代の竣工時なんですが、やはりこの艦の
一番の活躍であるビスマルク追撃戦の1941年前半で作りたかったので
いろいろと改造箇所が増えました。
砲塔周り、航空艤装、艦橋の形状、マスト・レーダーといったところ
が大きく違っています。

次いでドイツ艦 シャルンホルスト&プリンツ・オイゲン です。

tamiya08.jpg

tamiya09.jpg


こちらはキットの設定年次通りですので、あまり大きな改修はありません。
省略されている部分や、エッチングでのディテール追加となります。

来週は塗装に入りたいですねぇ。

ご笑覧ください。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

北國海軍工廠さん  こんにちは。

>火いがつかないと
。。おお!つきましたね!?怒濤の進撃ではありませんか!
同時に大型艦の工作!凄い勢いであります!

カッコイイ大型艦艇の完成!大いに期待しております〜。

当方は、「パワードアーマー」転じてノンビリ「鉄ちゃん」しています。

たいへんと思いますが、どうぞ頑張ってください。

北國海軍工廠さん、こんにちは。

おお~!形になった大型艦がぞろぞろと、スゲ~ェ♪
我が艦艇隊なんぞ相手になりませんな~。
進捗率も負けています。頑張らねば・・・!

次週も頑張りましょう。
ロ-ドお気をつけて無事帰還祈ります。

工作隊員さん いつもコメントありがとうございます~♪

パワードスーツは自分の知識が無くて、なかなかコメントも出来ずすみません。

森林鉄道の模型も奧が深いですね~。
藤沢のBlue1師匠の展示会に森林鉄道模型専門の方が
おられまして、毎年かわいい作品を拝見することが出来ました。

小野浜日記さん いつもコメントありがとうございます~♪

お恥ずかしい。
実艦の写真を見ていると、なかなか鮮明な物もあり
特にドイツ艦は構築的な造型美と繊細なディテールを
兼ね備えているので、何をどこまで表現したらいいのか
迷ってばかりです。

時間がないので、目立つ部分のみの工作になっちゃうのが
心苦しいですね~。

比べて小野浜日記さんの小艦艇は、1/700の限界に挑戦されていて
素晴らしいです~♪
次回更新も楽しみにしてます。
プロフィール

北國海軍工廠

Author:北國海軍工廠
出戻りのおっさん モデラー (寅年)
あっと気が付けば五十路を超え、いまだ仕事、家庭そして趣味にと苦闘中。
写真は星になった愛犬のペキニーズ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード