スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラジエターパネル

20090205103727
道北技研であります。

久しぶり、休日のアップです。除雪疲れもありまして、まったりとしています。

ラジエターパネルです。実車の写真を見ながら、サービスホールの位置などを空けました。パネル自体も、微妙なプレスラインが有ります。プラ板を重ねて、プレスの膨らみを表現してみたつもりです。

キットのラジエターを後方に挟み込みまして、これを基に造形したく思います。
難関のインタークーラーのパイプが、やっと表に出てきた訳です。パイプのサイズは、苦労しました。タミヤのプラ棒5mmは、太すぎましてドリルに噛ませて4mmほどまでに削りこんでます。リューターでは、無理なサイズでした…泣き。
これより、インタークーラーを通じてエンジンへと戻って行くわけですね。
とりあえず、ほっとした画像です。インタークーラーの工作へは進まずに、ラジエターパネルの細かな造形へ進みます。

プラ棒…探してこようっと。
つづく…。

コメント

非公開コメント

今年は北陸では積雪も少なくて、楽しておりますが
道北ではまだまだ厳しいことと思います。風邪などひかぬよう御用心ください。

モデルの方はだんだんと密度があがってきたのがわかります。
車の知識が無くて的確なコメントが出来ず、申し訳ないです。 (^_^;)

週末はミンダナオ会の作品展を見学に行ってまいります。
週明けには見学レポートもあげてみたいと思います。

北國海軍工廠さん、おはようございます。

ブラックライトの探索へ出かけたのですが、空振りでした…年末にはあったのですが。パーティーグッズかも?田舎のダイソーは、常時在庫は無理なんでしょうかね。


ミンダナオ会、アップ楽しみにしております。
国親父、ブルー1両師匠に、よろしくお伝え下さい。

実車の構造ですからね。
なかなか分かりにくいです。画像の右手のパイプが、インとアウトです。飛行機の過吸気などの構造とほぼ同じです。タミヤ、ムスタングのクリアモデルなどは構造を伝える模型としては最適ですね。


休日の進捗は、佳境に入ってきまして。インタークーラーの外形の造形!それを、バンパー内部に納めるクリアランス作業に没頭しでした。
一筋縄では納まりそうにないですね~。
もう少し頑張ってみます。
会の報告楽しみにしておりす。
プロフィール

北國海軍工廠

Author:北國海軍工廠
出戻りのおっさん モデラー(寅年)
あっと気が付けば五十路も半ば…
仕事、家庭そして趣味にと苦闘中。
写真は星になった愛犬のペキニーズ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。