1880年代の汽帆船 その14

6月16日、17日にいつもお世話になっている模型クラブの合同例会が行われ
ナヒモフを持って参戦してまいりました。

先週、先々週とその追い込みの為、ネットでの書き込みもままならぬ状況
でしたが、出来高としては85%くらいまだまだ未完成です。

船体の工作としては、ボートダビッド、係船桁などを残してほぼ終了。
全体の塗装、各部の塗り分けをしております。
舷窓は塗装終了後に枠の部分をはがして、真鍮の地肌を露出させアクセントと
しております。またシュラウド、ステイなどリギング(静策)を張り始めました。

合同例会03

合同例会での展示状況です。

ナヒモフ48

艦首とバウスプリット
 艦首フィギュアヘッドとレリーフはタミヤエナメルのゴールドでドライブラシ。

ナヒモフ47

中央部の詳細。
 白黒の塗り分けは実艦の写真を見ながら、雰囲気を合わせておりますがコントラスト
 が高すぎていまいち。ウォッシングやドライブラシでなじませせたいところです。

ナヒモフ46

クォーターデッキの詳細
 中央部の操舵室と後部キャビンは木構造のラッカー仕上げの雰囲気としてみました。
 舷側モールドや窓枠内側の白黒塗り分けが難しいところですね~。

ナヒモフ45

リギングの詳細
 各マストのシュラウド(マスト左右の斜めに張る構造策)とステイ(マスト
 前方に張る構造策)を張っています。トゲルンマストのシュラウドが未了。


合同例会までの完成を目指しておりましたが、この後もヤードやリギングの
作業を続行します。

次の目標は7月の名古屋だーっ。(^O^)/

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【1880年代の汽帆船 その14】

6月16日、17日にいつもお世話になっている模型クラブの合同例会が行われ ナヒモフを持って参戦してまいりました。 先週、先々週とその追い込みの為、ネットでの書き込みもままならぬ状況 でしたが、出来高としては85%くらいまだまだ未完成です。 船体の工作としては、ボー...

コメント

非公開コメント

プロフィール

北國海軍工廠

Author:北國海軍工廠
出戻りのおっさん モデラー(寅年)
あっと気が付けば五十路も半ば…
仕事、家庭そして趣味にと苦闘中。
写真は星になった愛犬のペキニーズ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード