1880年代の汽帆船 その13

6月2日、3日の進捗状況報告です。

3日深夜に船体を全体的に「デッキ
タン」で彩色しました。
今回もサフなしとしておりますので、サフも兼ねて全体に吹いております。
表面処理は、まずまずで手直しも最小限で済みました。

ナヒモフ44

今週末の工作内容は
艦首 バウスプリットに旗竿、ヤード等取付ました。

ナヒモフ43

中央部 フォアマストのシュラウド基部ターンバックルの取付。
煙突に蒸気捨管を取付。上甲板外周にエッチング手摺を取付。
舷側の防雷網ブームを取付。

ナヒモフ42

クォーターデッキ
メインマストのシュラウド基部ターンバックルの取付。
舷側の防雷網取付。

ナヒモフ41

その他 スタンスルのブームの削り出し、アンカーのディテール等
ちまちま工作しております。

いよいよ 例会が迫ってきました。追い込みです。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【1880年代の汽帆船 その13】

6月2日、3日の進捗状況報告です。3日深夜に船体を全体的に「デッキタン」で彩色しました。今回もサフなしとしておりますので、サフも兼ねて全体に吹いております。表面処理は、まずまずで手直しも最小限で済みました。今週末の工作内容は艦首 バウスプリットに旗竿、ヤー?...

コメント

非公開コメント

北國海軍工廠さん、こんばんは。

細かな艤装品の作成過程が良く判りありがたいです。
既に色付けが始まりましたね!
塗装前でも迫力のある船体に重量感が加えられたようです。
この状態からの塗分け技術紹介が楽しみです。

小野浜日記さん いつもコメントありがとうございます~♪

 やっぱり色がつくと違って見えますねぇ。なんだか木の作り物みたいにも…
 ちと北海道まで出撃する予定なので、急ピッチで仕上げます。

自宅です

北國海軍工廠さん、こんにちは。
収容所から・・・脱出成功。
来週末までに体調を整えてお待ちしています。

>1880年代の汽帆船
基本塗装色のせいか・・・木製の民芸品に見えてます(失礼!)
年代的に言って白塗装の黄色煙突になるのでしょうか?
コンクールの上位入賞確実ですね。
追記
退院したら、かみさんが課題作を購入してました・・・。
体調をみながらやってみますね。

kudopapa師匠 退院おめでとうございます~♪

 やっぱり家に戻ると一安心ですね。ただ、無理をされないように。

>年代的に言って白塗装の黄色煙突になるのでしょうか?

 白黒のパンダと思っております。(煙突とマストの一部のみ黄色の可能性が…)
 なにより間に合うかどうか…、やっぱりいつもの土壇場モデリングです。(>_<)
プロフィール

北國海軍工廠

Author:北國海軍工廠
出戻りのおっさん モデラー(寅年)
あっと気が付けば五十路も半ば…
仕事、家庭そして趣味にと苦闘中。
写真は星になった愛犬のペキニーズ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード