1880年代の汽帆船 その2

先週切り出したフレームの組み立てをしました。

ナヒモフ05

切り出し寸法にばらつきがあるため、足らないところを足したり
出っ張った部分を削ったりして調整。艦首と艦尾はプラ板を積層
して形状をだしています。

艦尾の絞り込みとスターンウォークの形状です。

ナヒモフ04

01甲板のガンデッキ部分を作り込まないと、上甲板を塞げないので
主砲、副砲の作成にかかりました。まずは砲身のスクラッチです。
手前が6inch副砲、奥が8inch主砲の砲身です。

ナヒモフ03

この艦の砲には、駐退・複座機構が付いておらずスライドキャリッジに
乗っています。次週はキャリッジを作成・取り付けて上甲板を塞ぎたい
と思います。ご笑覧ください。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

北國海軍工廠さん、こんにちは。

フレ-ムの組み立てだけで艦首や艦尾の美しいラインが想像できます。
大量の6インチ砲や8インチ砲群、キャリッジに据え付けた姿がたのしみです。

頑張って下さい!楽しみに拝見します。

小野浜日記さん いつもコメントありがとうございます。

立体が組み上がっていく工程は、なんとも楽しいですね~♪
ただ砲身や砲架を大量生産する作業は
ちと辛い部分もあります。(^-^;

よろけながらの進捗ですが、またご笑覧ください。
プロフィール

北國海軍工廠

Author:北國海軍工廠
出戻りのおっさん モデラー(寅年)
あっと気が付けば五十路も半ば…
仕事、家庭そして趣味にと苦闘中。
写真は星になった愛犬のペキニーズ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード