さよなら船の科学館ツアーに行ってきました

9月に入って毎週のイベントに忙殺されブログの更新が滞りまして
申し訳ありませんでした。<(_ _)>
遅ればせながらイベントのレポートをさせていただきます。

9月いっぱいで休館となってしまう「船の科学館」。
毎年の「ミンダナオ会展示会」や「ロープの会」の帆船模型など、我々
艦船模型好きには大変縁の深い施設でした。

9月3日の土曜日の午後いっぱい、別れを惜しみ施設見学に行ってきました。
参加されたメンバーは「国親父師匠」「降下猟兵さん」「CM1号さん」
「衛さん」と私の5名。

船の科学館01

外部に展示された「戦艦陸奥の主砲」尾栓部分に見入る参加メンバー。

船の科学館02

展示室内には大型の精密模型が所狭しと並んでいます。
これらの大型模型は、造船所が建造している船の「船主」に納品する
「完成予想模型」が多数をしめています。

船の科学館03

各部のディテールもきっちりと表現されているものが多く、モデラーにとっては
最高の参考資料です。

船の科学館04

「戦艦 敷島」この模型も100年以上前に、この艦が建造されたテムズ鉄工造船所から
明治政府に納品されたものと思われます。(現在は寄贈されて船の科学館所有)

これらの貴重な展示品は今後数年間は見ることができません。
出来るだけ早く科学館が再建されることを願うばかりです。

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

北國海軍工廠さん、おはようございます。


船の科学館の見学ツアーならびに、大人の修学旅行!お疲れ様でした。


科学館は残念ですね。
やはり、予算の問題なんですかね…


北艦の出撃も大変だったのでは?
休日はのんびりと骨休めしてください。
北艦のリポート、楽しみにしております。

道北技研さん どうもです。

 何やらまだバタバタの後遺症で、日々切羽詰まっております。
 この3連休もほとんど仕事に時間を取られて… トホホ

 ボチボチあげていきます。よろしくお願いします。
プロフィール

北國海軍工廠

Author:北國海軍工廠
出戻りのおっさん モデラー (寅年)
あっと気が付けば五十路を超え、いまだ仕事、家庭そして趣味にと苦闘中。
写真は星になった愛犬のペキニーズ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード