帝政ロシア戦艦--番外編

青森合同例会は年毎にテーマがあります。
今年のテーマは「ジオラマ」(もしくはダイオラマあるいはダライラマ?)

海面ベースについては、前々回の記事で報告いたしました。しかし1/350の
戦艦が海面ベースに載っているだけでは「ジオラマ」とは言えません。
そこで「乗組員」に登場願おうと思います。

まず1枚目は北海道のkudopapa師匠から派遣されたロシア水兵さんです。
oslabia113.jpg

タミヤの1/350船員セットを改造したものです。
そのものすごい改造点は…
その1 帽子をかぶっている。
その2 セーラー服を着ている。
その3 アンダーシャツを着ている。(青い横縞)
kudopapa師匠 凄いですね~! ほとんど超絶。

作品としては「しれっ」とこの水兵さんを乗せて「完成~っ」としてもよかったのですが、
このままでは「士官」が居ないんですね。
つまり「艦長さん」やら「航海士」さんやら「甲板長」が居ないわけです。

ロシア海軍の士官は上下白の詰襟を着ていますので、そいつを作ることにしました。
oslabia114.jpg

上段は部下に訓令をしてるえらそうな士官です。帽子をかぶせました。
帽子と言っても0.5mmの真鍮パイプを研いで刃を付けた簡易ポンチで
0.14mmのプラペーパーを抜いた小さい円盤です。
下段は基は敬礼をしているポーズに、左手も顔の付近に挙げさせて双眼鏡
で敵情を視察する士官です。左手と帽子を加工…

お馴染み10円玉と…
oslabia115.jpg

白装束に塗装をしました。
oslabia116.jpg

アップにすると残念な出来栄え。トホホ
oslabia117.jpg

やはりkudopapa師匠の塗りの技は凄いっす。<(_ _)>

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

北國海軍工廠さん、こんばんは。


フィ…フィギアですか!?

細かいですね。これは、拡大鏡なしでは無理な難物ですよね~(笑)

しかし、小さい!!

外科手術の先生が使ってるヤツ!名前は失念しましたけど、あんな拡大鏡欲しいですよね。

高いだろうなぁ…

デジカメで拡大撮影すると仕上げの甘さが目につきますね。(T_T)
現物は肉眼では、ボチボチに見えてます。(老眼が進行して、自分で作ったものがよく見えない。(T_T)
模型部屋ではヘッドルーペが欠かせません。
プロフィール

北國海軍工廠

Author:北國海軍工廠
出戻りのおっさん モデラー(寅年)
あっと気が付けば五十路も半ば…
仕事、家庭そして趣味にと苦闘中。
写真は星になった愛犬のペキニーズ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード