スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帝政ロシア戦艦その27

連休後半の作業内容を報告いたします。

細々した部品を製作し、もう一息と取り掛かりましたが
結構作業が残っていました。

まず艦首部分、錨鎖のホースパイプに蓋を取付。
予備錨の後ろ側に、折りたたみのボートダビッドを取付。
oslabia111.jpg

そして舷側3インチ砲の取付。3インチ砲の砲門扉は
塗装後の取付予定です。
oslabia112.jpg

前マストのディテール。ファイティングトップに37mm速射砲取付。
各ヤードにフットロープを取付。
本当は小型の信号灯とかもう少し造作があるんですが、今回は断念。
oslabia110.jpg

後部マストのディテール。ボート用デリックブーム。
ガフ、フットロープ等。リギング用のフックも取り付けております。
oslabia109.jpg

そして、連休最終日 塗装モードに突入!
各部金属部品にメタル・プライマーを吹き付け、瓶サフの1000番を
薄く吹きつけます。
大きなキズ、ゴミの付着をチェックし、軽くサンディングして
甲板の塗装をしました。
oslabia108.jpg

いつも使うデッキタンより若干色味の強い「サンディ・ブラウン」を
基本色として吹き付け、板目地に沿って水性色鉛筆でランダムに着色。
半つやクリアで定着させた後で、エナメル塗料の薄めたこげ茶色で
ウォッシングしました。アップはこんな感じ。
oslabia107.jpg

最後のウォッシングで色味が強すぎたようです。(T_T)
時間が無いので、このまま進みます。
oslabia106.jpg

甲板全体をマスキングして、連休終了~!
合同例会まで週末はあと1回。間に合うのかっ?!

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

北國海軍工廠さん、こんばんは~。


遂に!!色が!!

いゃ~サンディブラウンは有りですよ。デッキタンより好きな色ですね。


塗装してしまうと、このキットがまるで売っていそうですよね♪

月月火水木金金

北國海軍工廠さん  こんにちは。どうもです。
ゲリラ偵察に参上いたしました。

わッ!いよいよ彩色ですね~。見応えあります!
未塗装で組み上げていらっしゃったので塗装はどのようにと?思っておりました。

>週末はあと1回
。。わッ!あと1回ですか!?「月月火水木金金」(わッ)で頑張ってください!

ウレシ~ィ

北國海軍工廠さん、こんにちは。
 
塗装の手順、細かくご紹介下さり、ありがたいです。
甲板色、木質系は温かみがあっていい感じですね!
「サンディ・ブラウン」に水性鉛筆、エナメルウォッシング、深味のあるいい色に仕上て素敵です!
この色に、濃い船体色を想像するだけでワクワクしてきます。
マスト廻りの工作、フットロ-プ取付方法など、すっごく勉強になります。

では、無事の完成、楽しみにしております。

道北技研さん こんにちは。

 いよいよ時間が無くなりました。
 全体的にはすんなりと見えますが、細部は
 手作り感満載です。(笑)

工作隊員さん 偵察ありがとうございます。
 作業の出来る週末はあと1回。
 来週は東京出張所に持ち込みウェザリング
 など仕上げ作業をすることになるかと
 思います。

小野浜日記さん いつもコメントありがとうございます。

 今回エナメルウォッシングはダーク
 イエローに赤と黒をちょっとずつ入れて
 薄めたものを使いました。
 ダークイエローの個性が強すぎで色鉛筆で
 付けた表情が沈んでしまいました。
 ちょっと残念でした。
 最期に時間がありましたら、その辺にも手を入れたいです。
プロフィール

北國海軍工廠

Author:北國海軍工廠
出戻りのおっさん モデラー(寅年)
あっと気が付けば五十路も半ば…
仕事、家庭そして趣味にと苦闘中。
写真は星になった愛犬のペキニーズ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。