スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帝政ロシア戦艦その13

先週果たせなかったヒートプレスへの挑戦です。

oslabia40.jpg

3cm角ぐらいに切った1.0mm厚のプラ板を目玉クリップで挟み、ろうそくで熱します。
まんべんなく熱するのが上手く整形するコツのようです。
先々週作成したケミカルウッドの型にグイっと押しつけ、冷めるまでしばし待ちます。

oslabia41.jpg

余白を切り取ったところです。
中央の2つは、やすりで外形を整えました。向かって右側は、整形不良(周囲の厚みが違いすぎる。)でした。

oslabia42.jpg

中央が試作1号です。チャレンジ1回目でしたが、ほぼイメージ通りにできました。
後方に型どりしたパーツがまだまだあります。3本の煙突周囲に12本、後部艦橋周囲に小型通風筒が2基。
まだまだ量産しなければなりません。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

北國海軍工廠さん、おはようございます。


ヒートプレス!?難しそうですね。
プラ板の加熱具合やタイミングなど色々とコツが有りそうですね。


片思いを使った型取りでも、ポリパテの周辺部の反りが酷くて…中心付近しかモールドが使えません。(泣)

タイミングとコツを会得して、たくさん量産してください♪(^-^)v

まいどです。

今回は全長7mm程度の小部品でしたので、そんなに難易度は高くなかったものと思います。
大きな部品をやる場合は、加熱方法やプラ板の固定方法などいろいろ工夫が要りそうです。
ただご覧のように小さな部品だと割と手軽にできました。
艦船模型の場合、小口径砲の防楯だとか小部品で数をそろえるものには有効ですね。
次は「片想い」+シリコンなど挑戦してみたいっすね。

すみません。
「型想い」+「シリコン」じゃなくて、「型想い」+レジン(ウレタン)ですね…(^^ゞ

こんにちは、初めて書き込みさせていただきます。
いきなり失礼なことを書いてしまうかもしれないですが、お許しください。
ヒートプレスで出来にバラツキが出てしまうのは、正しいやり方ではないからです。
もっとも、基本的な方法が間違っているというわけではなく、用意するものが一つ足りないのです。

本来ヒートプレスをやるためには、原型を作るのはもちろんのこと、押し型も作らなくてはいけません。
押し型といっても難しいものではなく、原型の平面形にくりぬいたプラ板を作るだけです。
ちょっと上手く説明できるか自信がないのですが、熱したプラ板を原型に被せたあと、急いで押し型を当てて絞ることで、プラ板を原型に密着させるという感じでしょうか。

使用するプラ板も0.3~0.5mmで充分です。私が以前、加賀の煙突部分に使ったのは0.5mmでしたが、それでも分厚い感じがして、端っこを削って見かけ上薄くしたものです。
熱源は蝋燭よりも電気コンロが理想だと思います。私は台所のガスコンロでやってますが、危険なのであまりお勧めできません。
正しいやり方で作れば、失敗やバラツキはほとんど起こらないので、楽しい作業になると思います、お試しください。

しかし、なんだか初めての書き込みが妙に説教臭くなってしまって申し訳ありません。
今までの製作記事を拝見した感じ、凄い技術をお持ちだなと思っていただけに、ちょっと今回は惜しいなあと思ってしまったので、何て言うか・・・お節介野郎なんです私は(苦笑)

あと、個人的にコルベット金剛がとても気になります。
完成楽しみにしてますので、御身体労わりつつ頑張ってください、それでは。

鈴林勝平さま こちらでは、はじめまして。ようこそいらっしゃいました♪

早速ヒートプレスの奥儀をご教授くださるとは、感謝感激です。 ほほう 電熱ヒーターが最良ですか~。
昔 理科の実験などで使ったやつですね。うーむ どっかに転がっているといいんですが…
押し型は熱変形しない、薄ベニヤなどがいいですね。 次回には早速試してみたいと思います。

鈴林さまも相変わらずお忙しいご様子ですね。お互い体調に気をつけて、模型ライフを楽しみたいものですね~!
また、ちょくちょくお寄りくださいませ。

北國さま ご無沙汰しております。

プラ板の切り出しで、砲楯を作ってみました。
「何を、めんどくさい事を!」と、一笑にふされそうです。
ヒ-トプレスの技術を次回作に活かしたく
学ばさせて頂きます。

小野浜さま コメントありがとうございます。
バタバタの毎日でお返事遅くなり申し訳ないです。

コルベット比叡はだいぶ差をつけられてしまいました。(>_<)
展張した帆の造作が素晴らしいです。
プロフィール

北國海軍工廠

Author:北國海軍工廠
出戻りのおっさん モデラー(寅年)
あっと気が付けば五十路も半ば…
仕事、家庭そして趣味にと苦闘中。
写真は星になった愛犬のペキニーズ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。