コルベット金剛 その1

いつもお世話になっているkudopapa@副長さまの主催される
「無限蒸気艦」サイトにて「坂の上の雲」企画が始まりました。
某国営放送の第2期放送に合わせて、主人公の秋山真之に関わりのある船を
集めようという企画です。

写真の「コルベット金剛」は今年8月にフォーサイトから発売されたばかりの
レジンキットです。
明治23年にトルコ軍艦エルトゥールル号遭難事件がおこり、その生存者を本国に
送り届けるために当時の主力軍艦であった「コルベット金剛・比叡」が派遣されました。
海軍兵学校を卒業したばかりの秋山真之はこの時「比叡」の乗り組みでした。

kongou01.jpg

まずはレジンパーツを洗浄して、サフ吹き→甲板の基本色デッキタンを吹きつけました。

kongou02.jpg

壊れたマウスのコードをバラして取り出した極細洋白線を二つ折にして巻きつけていきます。

kongou03.jpg

フォアマストのシュラウド基部として取り付けました。
甲板は色鉛筆でアクセントを付け、タミヤ-エナメルのレッドブラウンで墨入れしています。
大砲のスライドキャリッジのレールは同じくタミヤアクリルのジャーマングレイを塗った後、鉛筆でなぞって
金属感を出してみました。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

坂の上の雲ですね♪

第二部の予告が始まりましたね。ワクワク~


しかし!レジンキットはシャープですよね。
このキリッとした感じは、インジェクションキットには無いですね。

分類では、帆走汽船になるんですか?

そうですね。汽帆船とか機帆船とかいうようです。
この頃の船舶用蒸気機関は、燃費が悪く長期の哨戒任務や
遠洋航海は帆走に頼らざるを得なかったのですね。
1980年代~90年代にかけて蒸気機関の効率は飛躍的に
高くなり、軍艦の場合1900年には汽走が主体になっていきます。
プロフィール

北國海軍工廠

Author:北國海軍工廠
出戻りのおっさん モデラー (寅年)
あっと気が付けば五十路を超え、いまだ仕事、家庭そして趣味にと苦闘中。
写真は星になった愛犬のペキニーズ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード