スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帝政ロシア戦艦その6

9月25日の進捗状況です。

オスリャビヤは舷側内部と隠蔽部、そして各部部品のサフ吹きを行いました。
煙突については、円筒の精度がどうかと懸念しておりましたがまずまずのようです。

oslabia20.jpg

塗装を進めるべくじゅんびを始めたところで、ロシア海軍指定色の「ミッドナイトブルー」の在庫を
切らしていることが発覚。仕入れ後の再開となります。(+_+)

その分オリョールの舷側ディテールの工作を進めました。

oslabia21.jpg

艦首にエッチングパーツの双頭の鷲、碇のベルマウスを取り付けます。
舷窓はこれもエッチングの窓枠をはめ込み、上部にエナメル線を丸めて半円形に切断した雨除けを取付。
(いわゆる眉毛ですな)
できるだけ均一に取り付けようとしておりますが、思うようにはなりませぬ。(T_T)

今回の2隻用にゴールドメダル、ホワイトエンサインそれぞれのボロジノ用エッチングパーツを用意して
おり、適宜 使えるところにはエッチングパーツでディテールを入れていく予定でおります。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

北國海軍工廠さん、おはようございます。


スクラッチの方も密度が増してきましたね~♪



エッチングパーツで双頭の鷲とか有るんですか?
ロシア海軍ってお洒落ですね。(^.^)

昔の軍艦は国家の威信の象徴だったので、装飾は派手に入っていました。

「三脚檣」さんの写真帖に、いろいろな艦首飾りのページがあります。
http://www.geocities.jp/ironclad_tripod/Photoalbum/album03.htm
1/350のスケールでは、こんなものも表現していかなければなりません。今回はエッチングパーツが
あったからいいようなものの、ほかの艦ではどうやったらいいんでしょうね?

エッチングパーツに感謝しながら製作を進めていきたいと思います。

北國海軍工廠さん、早速!艦首の飾り!?見てきました。
凄い~。

これを再現するには、モデラしか無いのかな…。
凹型を作って、軟質のモデリングペーストで型取りってイメージですが。

地道にルーペをかけて彫刻?気が遠くなりますね。
(笑)


印刷すると発泡するインクでインクジェット印刷が一番、簡単かも…

おはようございます。
「押すとピシャ」、着々と進んでいますね。
今日から一泊で仙台、松島方面に出張します。「お仕事」は週末から再開しますが…、
かなーり「ヤバイ」状態です。

国親父閣下 いらっしゃいませ。
仙台はいい季節ですよ。
休みの日になるといたるところで芋煮会が…(笑)

お仕事の方は、やはり立場上くるしい闘いとなりましたね。
ご健闘お祈り申しあげます。

北國海軍工廠さま、こんにちは。

艦首飾り、かっこいいですね!
コルベット「金剛型」にもありますよねぇ~。
でも、詳細がわかりません。
「三脚檣」さんみたいな、クッキリ・ハッキリの
写真が見てみたいです。

小野浜さま いらっしゃいませ。
1/350のスケールでは、いつもの1/700に比べると色々とディテールを入れたくなります。
また、それなりの密度感を得るにはそこそこ入れないと落ち着かないのかもしれません。

お尋ねの比叡の艦首飾りは手持ちの資料で、比較的にはっきりと見える写真がありましたので
スキャンしてメールでお送りします。
1/700では、ちょっと再現できない感じですが…

北國海軍工廠さま

比叡艦首飾りの写真ありがとうございます。
たしかに、1/700での再現は・・・・ムリ・むり・無理!みたい!!
適当に、それらしく、なんちゃって飾りでいきます。

しかし、この写真 てんこ盛りの情報量・・・今晩は、
寝る事ができません。
う~ん、なんでっか?このマストたちは・・・・。

小野浜さま おはようございます。
何やら好評の様なので、その他の写真も送らせていただきます。
いろいろと悩んでくださいませ!(笑)
プロフィール

北國海軍工廠

Author:北國海軍工廠
出戻りのおっさん モデラー(寅年)
あっと気が付けば五十路も半ば…
仕事、家庭そして趣味にと苦闘中。
写真は星になった愛犬のペキニーズ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。