車内の工作





道北技研であります。





ドアの再現をほっぽり出して…車内の仕上げを優先します。(^_^;)

やはり、構造物の内側より仕上げですよね。


で、今頃…隙間を埋めるのかよって!
突っ込みが入りそうですが。

バルクヘッドと内装の隙間を埋めています。
隙間は、後部にも有ります。

瞬間接着剤好きなもので、いつも通りに黒瞬間で埋めています。
凄い隙間ですから…いつも以上に大量に盛り上げました。

ついでに、フロアの押し出しピンの跡も埋めます。





二度目の溶きパテの後の、整形作業ですね。
リューターも入りずらくて苦戦中です。
気長に整形するしかないですね~。





三度目の溶きパテを塗ったあとに、ジャンクのバケットシートを載せてみた画像です。

ジャンクのシートは!?スパルコかなぁ~???


思ってたより、リアのスペースが狭いぞ!!!

劇中の設定によると、この車…合法の改造車になっています。改造車検をパスした車なんですね。


リアにコレクタータンクと燃料ポンプなど設けると、多分…運転席との隔壁が必要になるはずです。

隔壁を設けて、バッテリーやCDIのアンプなども設置すると、限りなくスペースがなくなってしまいます。


理想の重量配分を狙って、でっち上げたムービングバラストのスペースが…
あうっ…お蔵入りの可能性が!?




さて…もう一踏ん張り!
フロアを整形してみましょうか。

フロアマットにABCペダルと、やる事は沢山あります。




つづく…。

コメント

非公開コメント

シートが乗っかるといよいよ車らしくなってきますねぇ。
内装品も盛りだくさんあるようで、まだまだ先が長いすね。

北國海軍工廠さん、おはようございます。

朝から作業をしてまして、やっとフロアにサフを吹きました。
フロアは…サンドペーパーも入りづらく難航してました。
一歩前進です。


このキット!ペダル類が無いのです…(泣)

メーターパネルの下側もスカスカですねー。カーモデルでは当たり前ですが。


幸いにヒーターボックスのOH資料が有るので、ヒーターブロワーとボックスをでっち上げて隙間を埋めてみたいです。


主人公が凍えてしまいますから~(笑)
プロフィール

北國海軍工廠

Author:北國海軍工廠
出戻りのおっさん モデラー (寅年)
あっと気が付けば五十路を超え、いまだ仕事、家庭そして趣味にと苦闘中。
写真は星になった愛犬のペキニーズ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード