エンジン編

20081220130654
20081220130652
道北技研であります。

連投になりまして、すいません。

オルタネーターとドライサンプ用のポンプを製作した画像です。タミヤのプラ棒5ミリを使用しております。
さて、このキットですね。ファンベルトとプーリーがありますが、オルタネーター本体が無いのです。プラ棒を使いまして刻みを入れて、らしく造形しました。見づらいですが、ピローステイも真鍮線などを組み合わせて作っています。

ポンプも同じ径のプラ棒で製作しています。写真を見ながら、上下を平らにして楕円形の本体へ加工しています。プーリーも同じですね。リュウターの、このタイプの刃を使用してフライス加工プーリーギリギリまで削り出しています。あとは、らしくプラを重ねて接着しています。ベルトは、プラペーパーを巻きつけて、厚みを黒瞬間にて増してます。ベルトの刃は、エバーグリーンの細切りをペタペタ接着してます。乾燥後に長さを合わせて整形しております。

と、こんな感じになりました。次回は、心臓部分のターボ&タコ足へと進んで行きます。

つづく…。

コメント

非公開コメント

現物が身近にあるものは・・・

やはり工作が細かくなって大変ですね・・・
ウチで作ってるものなんか
「ど~せだれも知らないから・・・」
といって結構いんちきやってます(^^;

昼休み中

RN工廠さん、御覧いただきありがとうございます。

いやいや、そちらのブログも拝見してますがローガンな身の上にて厳しい小ささですね。自分も、型どりを習得科目へ今後の課題です。


エンジンですね。まず本当にスケールダウンしているのか不明です。なにか腰下の厚みが不足しているような?
ですから、製作した部品も写真と対比しながらの適当なモノです。らしく造形しているとらしく見えますよね。(笑)

ベルトの歯を、リュウターの刃とそのまま変換してしまいお恥ずかしい。
(^^ゞ


北國海軍工廠さん~。忙しいですかぁ~。寂しいでーす。道北技研でしたぁー。

なかなか更新できず申し訳ないです。
先週は出張と忘年会が多く、消耗が激しかったです。
今年もあと少しですが、もう一踏ん張り頑張ってまいりましょう!
プロフィール

北國海軍工廠

Author:北國海軍工廠
出戻りのおっさん モデラー(寅年)
あっと気が付けば五十路も半ば…
仕事、家庭そして趣味にと苦闘中。
写真は星になった愛犬のペキニーズ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード