スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リバー級とHMS Invincible

先の週末の作業状況をアップします。

リバー級については、盟友「RN工廠」さまより資料を提供いただきました。
艦首の形状についてはさらに削り込みをしました。

River7.jpg

今回モデルにしている「HMS Windrush」の後甲板には、防雷具関係の機器は装備されていなかったようで、
いったん接着していたリール関係を剥がし、防雷具とダビッド取付用の孔をふさいで再塗装しました。

River8.jpg

HMS Invincible は甲板の塗り分けをしています。
写真だと微妙ですね。もう少し色味の違いを出した方がよさそうです。

inv8.jpg

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

北國海軍工廠さん、こんにちは!

おおお~。久しぶりのアップ、お疲れさまです。

二隻とも、かなり進捗しましたね♪
色味…難しいですよね。
本当に難しい!
撮影用の明るいライトでOKな模型は、部屋の明かりで暗い色ですし。
部屋の明かりで良いと思うと…撮影するとボンヤリとした感じになります。
塩梅が難しい~~~(笑)

以前!投稿したイスラエルのマガフ戦車などは、撮影用のライトを意識しすぎて普段は沈んだ色味で味気無いです。
(^_^;)

甲板の地色はクレオスのタンの瓶生です。(リターダーで希釈してますが…)
それにターナーのアクリルガッシュで近似色を調合し、微妙に緑を入れたり
茶を入れたり、黄色を入れたりして変化をつけながら甲板のモールドに沿って
色を乗せ、乾いたところでタミヤエナメルのレッドブラウンをシャブシャブに薄めて
墨入れしてます。
墨入れする前はそこそこに色味の違いがわかるのですが、墨入れすると肉眼でも
いまひとつぱっとしないんですよね。
その方がリアリティーがあるのかとも思いますが、模型映えを考えるともうちょいと
コントラストがほしいところです。
ふー 色味は難しいですねぇ。

お忙しい中の状況報告ありがとうございます~
リヴァー級の写真、ディアマンティスも80年まで測量艦として活動していたものを
(多分)復元保存したもののようで、どこまでがオリジナルかは難しいところですね~

アルバムに入れたウインドラッシュの後ろから見た現役当時の写真も
よっくみると後甲板中央にSLの車輪状のものがあって(1/3くらいしか見えないけど)
ひょっとしたら例のウィンチはあったかも?っといまさらながら気になっています・・・
(つーか、砲兵装すら「間違いなくあった組み合わせ」が決まらず・・・)

インヴィンシブル、もし外れるなら今のうち砲塔一個貸してもらえます?
かまわなければ4っつコピー作っときますけど?

おおーRN工廠さま お気づかいありがとうございます。
写真で見るとファティガブルの砲塔は若干形が違っておるようです。
1個試作しますので、そのあとで複製お願いしたいと思います。
その折には、なにとぞよろしくお願いいたします。<m(_ _)m>
プロフィール

北國海軍工廠

Author:北國海軍工廠
出戻りのおっさん モデラー(寅年)
あっと気が付けば五十路も半ば…
仕事、家庭そして趣味にと苦闘中。
写真は星になった愛犬のペキニーズ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。