リア・ロアアームその2

2010020416250000.jpg
2010020513490000.jpg
2010020517240000.jpg

道北技研であります。

木曜日と金曜日の進捗です。これより9日間の連続勤務へ…


リア・ロアアームの形状を造形しています。


前回!ロアアームは、一つの部品で左右を裏返して使ってるのでは無いのか?
気になったもので、画像検索してみました。


なんと!?一つ部品でした。フジミさんのリサーチは正解でした。形状も、それなりに正確です。
しかし、当時の部品ってアバウトだな…。
プレスした部品に補強材だけで裏側は、剥き出しって!現在ならあり得ないですね。


純正の形状が解ったところで、製作を進めなくてはいけませんね。


とりあえず、裏側を補強材で全部埋めた事にしてしまいます。
これだけでは、同一部品って表現になりませんので~プレスラインのみ片側に再現してみました。


なんか…格好悪いな!

仕方ないのでさらに溶接跡を追加してみました。
ひたすら地道に地道にプラペーパーを溶かしながら溶接表現を追加して行きます。



二枚目の画像が、なんとか非対称なロアアームだぞっと…こんな感じになりました。
リアストラットとの兼ね合いが有りますから、この辺で一時ストップで。



更に難関へ突入しています。

整形の為に切り離していたので、真鍮線で元の形に復活させています。
車高を見てみるのに、仮組しています。

タイヤとホイルを取っ替えひっ替え…
車高は良さそうですね。
ホイル・オフセットにも余裕が有りそうです。
ブレーキを追加工作するには十分な隙間があります。

あれれ…?ボディーに対して、ホイルが前寄りだぞ~。
これは問題ですね。
とりあえず、ボディーのホイルアーチの前側を軽くカットしてみましたが…ごまかしきれないなぁ~(>_<)

本腰をすえて、位置関係の修正をしなければ…



つづく…。

コメント

非公開コメント

道北技研さまもお忙しそうですね。お疲れ様です。

左右同じパーツを裏返しに使うとは、スポーツカーにしては
大胆なコスト削減案を採用していますね!

にしても、ボディーバランスの改修は難易度高いとみました。
なめらかにラインをつなげるのは至難の業ですね。

北國海軍工廠さん、おはようございます。


当時の、スポーツカーとしては???ですよね。
馬力が低い事も有るのでしょうね。

疑問は、凹部品と凸部品になってしまうと…凹側に雨水などか溜まって錆びとか!

部品のリサーチは、良くされているパーツと…あれれ?これはと思うパーツと混在していますね。
やっぱり、古いキットなんでしょうね。


仮組して、ホイルアーチとタイヤがズレていて焦りました。なんとか対策を考えつきましたので次回のアップで披露します。

カーモデルを格好良く演出する、車高ですが…下げすぎるとタイヤハウスに干渉してしまうので難しい問題です。


やはり、完成したら~コロコロと押して遊びたいですしね♪

アホな大人だなぁ…(笑)
プロフィール

北國海軍工廠

Author:北國海軍工廠
出戻りのおっさん モデラー (寅年)
あっと気が付けば五十路を超え、いまだ仕事、家庭そして趣味にと苦闘中。
写真は星になった愛犬のペキニーズ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード