今週の関東出張所

前回はIJN「那智」の制作をアップしましたが、北方司令部より
「英国軍艦」との指示が来まして、今週は「HMS Repulse」を製作しておりました。

repulse1.jpg

タミヤの新しいキットです。プロポーションはいうことありません。

Repulse2.jpg

中央部のアップです。
後部 高角砲の基部形状が1938年次でキットの設定の1941年次とは違っているようです。
その他はブルワークの表現を手摺に置き換えたり、タラップを設置したりしています。
また、後部マストの先端部は真鍮線でつくりかえています。
使用しているエッチングパーツはホワイトエンサインのリパルス用です。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

北國海軍工廠さん、メリクリです。

メリクリとは、ほど遠い生活を送っております…。
仕事…仕事…仕事…仕事…

なんと~北方指令部からのオーダーですか。


拝見するに、線の細い!美しい船ですね。
こちらの船の方が、完成が早そうですね♪

Repuls、いいですね!
私は巡洋艦、巡洋戦艦といったスリムなフネが好きです。
開戦が遅ければRenownと同じ上構になっていたんですかね?

いよいよ今年もあとわずかですねぇ。歳とともに1年が短くなっていきます。

巡洋戦艦 -- やはりスマートさが魅力でしょうか。
その機動性によって、いろいろな海戦に投入されドラマの主役といっても
よいかと思います。

第2次改装はリパルスが先で、リナウンの場合ドイツ戦艦との対抗上
改装の仕様が拡張されたようですよ。

インヴィンシブルにリパルス(う~んなんか馴染めない・・・)ですか!
華奢なほうの英巡戦の双璧ですね~
(対してフッド、タイガーは堅牢なイメージです・・・中身はおんなじですが)

(そういえばこのクラスの3番艦(!)リライアントを主人公としたダグラス・リーマンの小説もありましたね)

ちなみに英主力艦で改装計画が残ってたのはフッド、バーラムで打ち止めだったようですよ
戦争がなければR級はKGVと随時入れ替えで予備役、旧仕様の改装艦リパルス、マラヤは
2時改装経ずににライオン級と入れ替えかな?っと思います

RN工廠さま こんばんわ!
実はこの後、「Queen Mary」「Renown」とよわっちいシリーズで
行ってみたいと思っております。
英国巡洋戦艦は、ウスバカゲロウのような儚い運命が一つの魅力といっても
よいかと思います。 (+_+)

ところで防雷網が撤去されたのって、ジュットランド以降でよかったでしょうか?

>ウスバカゲロウ・・・
その割にはみんな最後は派手ですね~(^^;

防雷網ですがドイツはリュッツオーが苦労したんで
ジュットランド以降撤去ですが
英は開戦以前にに撤去されています
ただそれぞれいつごろ撤去されたかは微妙ですねえ・・・

↓オーダシアスの1914年3~5月の防雷網のない写真があります
撮影時期が正確かどうかはともかくオーダシアスは開戦直後沈んでいるんで
撤去時期が推測できます

http://www.battleships-cruisers.co.uk/hms_audacious.htm

↓インヴィンシブル1914年12月の写真があります
で、この写真には防雷網がないのですが、もう一枚
HMS Invincible, photograph published 1915.の写真には
防雷網が付いています・・・?
ただこちらの写真の「published 1915」は1915年発表ということで
撮影はそれ以前という解釈で良いかと・・・

http://www.battleships-cruisers.co.uk/hms_invincible.htm

RN工廠さま ご教授ありがとうございます。 <(_ _)>
いやー なんか危ないなぁと思っておったんですよ。
この改装された上部構造に防雷網は在り得ないのですね。
せっかく取り付けたんですが、実艦と同じく撤去ですな。
戦争終盤の1918年の写真では、マストが短くなっていたり、射撃
装置が増えていたりで、戦中にいろいろ改造されているんですよね。
プロフィール

北國海軍工廠

Author:北國海軍工廠
出戻りのおっさん モデラー(寅年)
あっと気が付けば五十路も半ば…
仕事、家庭そして趣味にと苦闘中。
写真は星になった愛犬のペキニーズ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード