スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボディー修正

20081209103425
20081209103423
道北技研であります。

前回からの、引き続きです。ボンネットと窓枠の筋彫りを始めます。塗装膜で埋まることを考慮して、丹念に深く彫ります。毛羽立ち等は、ハイスピードSセメントで溶かして均します。
最近、愛用していますがタミヤの流し込みタイプよりも使いやすく、乾燥も速いですね。

サフを吹いてありますので、パーティングラインを消すのも楽に出来ます。プレスラインを削り過ぎて丸めてしまうことが有りません。しかし、微妙なプレスラインですし慎重に削りましょう。

もう一枚の画像は、バンパーを修正しているところです。実車は、写真で確認してもシャープで薄いバンパーです。デザインナイフでカンナ掛けをして薄くシャープに修正していきます。
キットのエアロはウインカーを描いて再現する様になっています。透明パーツのノーマルレンズを使うべく、ウインカーボックスを作成の為の切り欠きをした画像です。

コミックの前半は、エアダクトが描かれてますが後半は描かれてないので黒瞬間で埋めています。

なんとか、ドライサンプに変更された後期仕様の悪魔のZの外観へ近づいてきました。

つづく…。

コメント

非公開コメント

忙中閑あり

打合せ先の都合で、1時間ほどぽっかりと待ち時間が出来てしまいました。
スジボリも見事ですねー。
自分はあまり上手く出来ず、これからの習得課題です。
ウェーブの流し込み接着剤は、自分の場合少し違和感があって、いまだタミヤの緑瓶です。
このところアチコチで使いやすいという記事を見ますので、また試してみようと思います。

北國海軍工廠さんお疲れ様です。

現在、仕事が一段落して一服中です。

Mr,セメントSですね。かなり、癖が有ります。
めちゃくちゃ速乾なんです。ですから、ガンプラ等のパーツ割に有効ですね。

で、スケールモデルに使う時はタミヤ緑または白瓶で点付け軽く接着したところでSセメントを流し込む方法をとっています。

もちろん、プラの毛羽立ちには速乾性を利用しまして非常に有効な接着剤だと思います。

欠点が…臭いがくさいんです。ウェーブの瞬間硬化スプレー並みの強烈さです。体に悪そうですね~。
(笑)


明日、ボディー編のとりあえずラストをアップします。
プロフィール

北國海軍工廠

Author:北國海軍工廠
出戻りのおっさん モデラー(寅年)
あっと気が付けば五十路も半ば…
仕事、家庭そして趣味にと苦闘中。
写真は星になった愛犬のペキニーズ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。