スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

点火コイル&プラグコード

20091209212109
道北技研であります。


休日は、終始…点火コイルからのプラグコード製作をしていました。


はぁ…大変だった。
目処が立ったので、撮影しました。


まず!点火コイルのプラグコードの取り出し…狭い。
なんで?こんな変な形状なんだ。資料写真を見て作ってみたが、後々…(泣)


気を取り直して、点火コイル側のキャップを作ります。

プラ棒の横に、穴を空けてからモデラーズのコードを接着します。
プラ棒より切り離して、チビに整形します。同じ作業を6個…ふぅ~。

点火コイルに接着しました。その後、乾燥させて更に整形して、アクセントにポッチを足して点火コイル側は終了です。


さて…プラグキャップを製作します。
最初に、プラ棒の真ん中に穴を空けています。
旋盤加工して製作しています。
切り離してから、反対側にも穴を空けます。
穴をリューターで拡大しまして、切り粉などをSセメントでなだらかに!

又々…6個 (泣)


部品が揃ったとこで、仮組してコードの長さを調節、接着して完成です。

1日…かかっちまった。
(^_^;)


で、点火順序と言うものが有ります。


普通の点火順序は
1→5→3→6→2→4
です。
ですが、資料写真では同時点火ですので
1*6→5*2→3*4
は、同時に点火します。
圧縮の上死点と排気の上死点にプラグで点火動作をしています。

排気中の未燃ガスにも点火してやろうと、言う考えです。


画像の左よりの点火コイルとプラグコードの配置となります。
だんだんと密度がまして…塗装&組み立て!?上手くいくのかな?不安になりますが、前進有るのみで作ってしまいましょう。(笑)


*前回に前置いた、スパイクタイヤの話を

ダートラ競技とか盛んな時代でしたから(笑)


使用したのは、BSの37Rと39Rです。

前者は、硬めのタイヤでしたね。
39Rは、古いですが現在でも使用しています。
37Rの改良型で、ブロックが柔らかく作られていますね。

本来は、ダート(泥)用なんですね。ブロック部分にスパイクを打ち込んで使用するわけです。


スパイクの種類は
チップピン、マカロニピン、カップピンなどです。

この辺は、詳しく解説されているサイト様がありますので。


自分のタイヤには、トラック用のマカロニピンが280本以上…打ち込んで有ります。

普通のタイヤですと、接地面積がハガキぐらいですね。ブロックタイヤですとハガキの1/4ぐらいですか?
その面積に250キロ以上の重量が掛かる訳です。


ラリースパイクタイヤは、効いて当然ですね♪

スパイクピンが、多いと引っ掻きも増えて駆動力が増すのですが~更にタイヤの重量も重くなります。
実は、冬タイヤは重い方が良い!
夏場のスポーツ走行の常識では、バネ下重量は軽い方が良い!当たり前ですね。軽快に動くからです。

前記の様に、少しでもタイヤの接地面積に重量を掛けたいのでスパイクピンを大量に打ち込んで重量を増す訳なんですね。


使用のフィーリングは、とにかくブレーキが良い!!

0゜~-5゜までもスタッドレスが良いぐらい、以下の冷え込みになりますとスパイクピンが立ってきますのでグリップ力が増して来ます。
が…乾いた氷は滑らない!どこかのCM(笑)
スタッドレスタイヤも同様グリップ力が増して来ます。


とにかく、強力なブレーキ性能だけです。
ブレーキが効くからオーバースピードにもならない!だから、コントロールが効く!!
結局…そんな事ですかね。

アイスの上でもフラットダートを走る様な感覚は、スタッドレスタイヤと違う異次元感覚だと思います。


この評価も、あくまでも個人的な感想です。m(__)m


サスペンション回りの製作になりましたら、自分の車に付いている車高調整ストラットの話でも…


つづく…。

コメント

非公開コメント

こんばんは!
ちゃくちゃくと進行されてますね~!
車は全くの門外漢なのですが、これ、どのくらいのサイズなんでしょうか?
一度物差しとか並べていただきたいものです。

タイヤの話
さすが、土地柄いろいろ情報をお持ちですね♪マカロニピンが280本??
私なぞは中古のスタッドレスを冬は履いてますが、ほとんど雪もふらないので意味がないんです。

arumokさん、おはようございます。コメントありがとうございます。

(^_^;)
寸法…。すいません~(汗)次回のアップで対比出来る画像を撮ります。
アップの横幅は、約3cmぐらいです。
昨年から製作開始しまして、やっとエンジンルームの目処がつきました。



タイヤですね。
やんちゃな青春を過したモノですから…(笑)

若い内は、イケイケなんですね。恐いもの知らずで。考えて走ると上手くなるものです。

どうして?なんで?


模型も説明書通りから、一歩だけ進んで!
どうして?なんで?
と考えながら作れると上達しますよね♪

運転も同じなんだと思います。

年末進行で何時にも増してバタバタしております。
コメント遅くなって申し訳ないです <m(__)m>。

パイピングが入ると精密感が増しますねぇ!
個数揃える工作は精神力が必要で、自分は何かと後回しにしがちです。
1日かかりでパーツを完成に拍手です。

北國海軍工廠さん、こんばんは。

忙しい中、コメントありがとうございます。

昨日の休日は、出来上がった部品の擦り合わせと接着場所の位置決めを!

又々…1日がかりの作業になりました。せっかくの部品も下側で、パイプに引っ掛かりリューターで削ったり…何とかモノになりました。


次回は、その辺をアップしたいと思います。
やっと!サージングタンクの燃料ラインの長さ調節と合体作業が出来そうです。

進捗に、行き詰まると…小ネタに逃げそうです。
(^_^;)
プロフィール

北國海軍工廠

Author:北國海軍工廠
出戻りのおっさん モデラー(寅年)
あっと気が付けば五十路も半ば…
仕事、家庭そして趣味にと苦闘中。
写真は星になった愛犬のペキニーズ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。