燃料ポンプと燃料レギュレーター

20091118205331
20091118205323
道北技研であります。

だんだんと、寒くなって来ましたね。根雪になるほどの雪では無いですが、雪の日が増えてきました。

タイヤは、スタッドレスに交換済み!根雪&アイスバーン用には、フルピンの準備をしてあります…。
って装置禁止じゃんか!?
いえいえ、路面が氷で覆われている場合はOKなんですね。

仕事で使う、トラックでのドリフト走行なんて荒業も駆使しなくては、いけない季節が近づいています。(笑)

道北の吹雪…ブリザード!!凄いですよ。車での仕事なんて…誰でも走りたくない。生きて帰れる実感なども体験できますね。

長くなりました。
本題へ~


Pバルブとブレーキラインにサフ吹きをしました。
乾燥時間を利用しまして、燃料ポンプと燃料レギュレーターを削り出します。


エンジンルームには、ポンプが2個とレギュレーターが2個必要です。

あとのポンプ3個は、燃料タンクからガソリンを汲み上げる為ですね。


気長に、ゴリゴリと旋盤加工をして個数を削り出しました。

ポンプには、固定バンドのモールドも削り入れています。後々…プラペーパーでバンドを巻き付ける工程を省いています。


サイズが微妙に違いますが、手作業って事で…
(^_^;)


同様な手順で、レギュレーターも削り出します。
更に小さな部品なので、追加工作と持ち手に、レギュレーターのホルダー板を接着しておきます。

これから、レギュレーター側面にホースジョイントの追加工作をする予定です。


後は、点火コイルを3個!自作しますとパーツが揃います。


以上!今週の進捗でした。
つづく…。



*燃料ポンプと燃料レギュレーターの解説

燃料ポンプは、燃料をエンジンへ送るポンプです。
何故に、こんなに必要なのか?

600馬力オーバーのエンジン故に、大量のガソリンを送らねばなりません。
1気筒につき毎分800ccほどを供給しなくては成りません。6気筒有りますから…4800cc必要になりますから。

ってことは?100リッタータンクですと約21分で空になります。はい…全開走行では、そんな計算になりますか。
燃費悪いですね~。(笑)


燃料の安定供給の為に、沢山のポンプが必要になります。


燃料レギュレーターは、普通は1個です。レギュレーターとは、燃料の圧力を一定にする蛇口みたいなモノですね。

2個!有る訳は、キャブレターの圧力と追加インジェクターの圧力が違うからなのです。


劇中の設定は、キャブレター式ツインターボ!不足の燃料は追加インジェクターによる。
こんな、設定です。
面倒でも、燃料ラインを2系統製作することになります。


以上!解説でした。

コメント

非公開コメント

ぐあぁ 冬場の運転は大変ですね。
過酷な自然環境の中 お仕事お疲れ様です。

エンジンルーム
精密感が増して、すばらしいですね。タミヤの1/12シリーズの
エンジンを見ているように錯覚してしまいます。
かっちょええすなぁー!

北國海軍工廠さん、おはようございます。


早速…吹雪の洗礼を受けてしまいましたぁ。(>_<)
稚内より天塩への道中です。海岸線の真っ直ぐな道路がありますが。

真っ直ぐ過ぎて、位置を失ってしまいます。どの辺を走っているやら…
おかげで、かなり神経を使いました。足も…変な力が入るモノで(笑)
緊張してるんですね。


今週は、ショボイ進捗で…(^_^;)

部品を揃えないと、進まないっす。
削り出し部品を並べて撮影してみました。
新しい携帯…オートフォーカスで高画素は良いのですが、フラッシュが無いので手前が暗くなってしまいます。
撮影方法を考えねば。
(・・;)
プロフィール

北國海軍工廠

Author:北國海軍工廠
出戻りのおっさん モデラー (寅年)
あっと気が付けば五十路を超え、いまだ仕事、家庭そして趣味にと苦闘中。
写真は星になった愛犬のペキニーズ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード