スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブレーキマスターバック

20091021204629
20091021204620
道北技研であります。


あまり、代わり映えのない進捗ですが…

リアフェンダーの納まりが、いまいちでしたので。
プラ板で、耳を足しました。何度目かの下地処理をしています。
厚盛りパテも、削り出されて…(笑)


パテの乾燥時間を利用して、エンジンルームの小物!ブレーキマスターバックを作りはじめました。

素材は、Ⅳ号戦車の転輪です。プラ棒を瞬間にて接着!
リユーターに素材セット、旋盤加工しました。
グレーのマスターバック本体、プラ棒のブレーキシリンダーも一体で削り出しています。

画像は、さらに追加工作しましてブレーキオイルを入れるカップまで作ったところですね。


出来上がった、仮マスターバックをエンジンルームにセットしましたら…
青マジック部分が、ボンネットの上に飛び出る事が判明しました。
泣く泣く、青マジック部分をカットします。(;_;)


カップの容量が、足りなくなりますがボディとの合体に問題が出ますので、仕方ないかなぁ…。

画像のマスターバックは、資料写真のS13シルビアのマスターバックを再現して見ました。Zのブレーキマスターバックよりも良いらしく、シルビアより流用したらしいですね。
シルビアのマスターバックに、似ているかな??

これに、まだ追加工作してマスターバックが完成って感じです。


つづく…。

コメント

非公開コメント

道北技研さま おはようございます。
ブレーキマスターバックって部品は、油圧式ブレーキの油を入れるバックでしょうか。
いろんな部品が登場して勉強になります。

北國海軍工廠さん、こんばんは。


そうですよ。大きな円筒が、ダイヤフラム!エンジンから負圧をいただきまして倍力する部分です。
小さな方が、シリンダーとカップになります。


休日でしたが、甥っ子が臨時休校とか?インフルエンザ休校ですね。本人は、元気なので襲撃されました。(^_^;)


進捗は、クラッチのレリーズシリンダーのみと…ほとんどダメでした。(笑)
旋盤加工も、かなり馴れまして接続部分のピンなども彫りこんで接着や組み立ても楽に進むようになりました。

沢山!作ってみるもんですね~。
プロフィール

北國海軍工廠

Author:北國海軍工廠
出戻りのおっさん モデラー(寅年)
あっと気が付けば五十路も半ば…
仕事、家庭そして趣味にと苦闘中。
写真は星になった愛犬のペキニーズ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。