スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第五戦隊と四水戦 その1

3月26日 北國工廠の作業報告です。

スラバヤ沖海戦には、四水戦所属の第二駆逐隊及び第五戦隊直卒の第二十四駆逐隊小隊
所属の合わせて6杯の白露型駆逐艦が参加しています。

数年前までは、骨董品級のタミヤキットしかなかったため、白露型を作ろうとする場合はタミヤキットを切り刻んで原型とするか、あまり似ていないピットの初春型を改装するしか選択肢がありませんでした。
ここ2,3年前にフジミの新キットが発売され、だれでもスマートな白露型駆逐艦が作れるようになりました。

今回はこのフジミ新キットを使用します。


前期型の五月雨、春雨、後期型の山風、江風に着工しました。

IMG_6124 (1280x960)


船体はバスタブ型で船首楼甲板のみ別パーツ、船底板は落し込みタイプで
手間がかかりません。

船体パーツもバスタブ型の割には、舷窓表現もしっかりモールドがあり
スマートな船体形状もきちんと再現されておりいう事はありません。

ただ主砲パーツにがっつりとヒケがあり、また側面のディテールが皆無で
これを6隻分加工するとなると相当手間がかかりそうです。
ここはピットの新武装パーツを入手して置き換えを考えたいと思います。

純正 エッチングもまずまず繊細で、基本的に素組で行けそうです。

IMG_6127 (1280x960)


キットは大戦中期以降の25mm機銃増設後という設定になっているので
開戦直後は25㎜ではなく、13mm連装機銃を装備しています。

第2煙突前の期銃座は繊細に作り替えねばなりません。

キットパーツの手すりは切り飛ばして、一回り小さく整形しました。
艦スペの畑中先生の図面を参考にしています。

とりあえず、丸形艦橋の後期型山風、江風の上部構造主要部品を組んだところでタイプアップです。
ご照覧ください。



スポンサーサイト

1/350 ロシア戦艦 その11 リハビリです(苦)

相変わらず仕事に追われドタバタ、じたばたとあがいておりますが

刻々と静岡が近づいてまいりますので、ロシア戦艦の工作再開しました。


すっかり放置して、何をすればよいやらリハビリ状態です。


ロシア前弩級戦艦 スラヴァ 3月5日の工作


IMG_6110 (1280x960)


舷側のモンキーラッタルを0.3mm 真鍮線でリセット

中央部 前後環境をつなぐギャングウェーをまたぐ、羅針盤ステージを新設。


IMG_6114 (1280x960)


艦載艇のスキッドビームなど工作を進めると中央部の甲板塗装ができなくなるので

ここらでいったん塗装に入ります。


ご笑覧ください。


プロフィール

北國海軍工廠

Author:北國海軍工廠
出戻りのおっさん モデラー(寅年)
あっと気が付けば五十路も半ば…
仕事、家庭そして趣味にと苦闘中。
写真は星になった愛犬のペキニーズ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。