1/319 ラベールのフォレストシャーマン その2

11月27日 北國工廠の進捗です。

 1/319 フォレストシャーマン続きます。

 3基ある砲塔ですが、うち1基をちょっとした隙にうちのいたずら坊主に噛み砕かれてしまいました。
 (じっと足元で張っていて、何か落とすととパクッと咥えてにげる。(涙)

 もともと「コレジャナイ」感があふれていましたので、3基ともプラ板積層して削り出しました。(苦)
 約半日がかりで新造です。(再び涙)
 1/700 14インチ砲の真鍮砲身を流用しています。実物よりたくましい感じですね!

 その他、射撃指揮装置のプラットフォームは、キットのままでは抜きテーパーがきつくて
 使えませんでしたので新造。

 切り取ったブルワークの復元。舷窓はおなじみ真鍮パイプの輪切りを埋め込みます。

  喫水は1mmプラ板に補強板を積層。固定用ナットを埋め込んで接着します。
 船体の強度、剛性が上がっていい感じです。

IMG_5018 (1280x960)

IMG_5022 (1280x960)

IMG_5020 (1280x960)


 まだまだちまちま工作続きます。

 ご笑覧くいださい。

1/319 ラベールのフォレストシャーマン その1

このところ仕事に追いまくられ、おちついてモケイできていません。
なんとも情けないです・・・

しかし、冬の出し物を始めなければなりません。

お題は古のキット ラベールの1/319 DD931 フォレストシャーマンです。

1. このキット、甲板パーツの外周をプラの手すりがぐるっと回ってます。
上部構造にもこまめに手摺がついてますので、これらをバリバリと切り取ります。

2. 船体、上部構造とも、合わせても隙間が空きまくりますので、最大公約数のところで
えいやっと流し込み接着剤を多めに入れて、マスキングテープで固定します。

3. 固まったところで、水線付近をのこぎり引きして、水上モデルに変更しました。

4. 隙間にプラ板の切れ端を詰め込んで成型。不定形な隙間には舜着を練り込んだタミヤのプラパテを
  充填してヤスリ掛け。

5. 艦橋の操舵室はガタガタで箱型にならなかったので、パーツを分解して強引に接着。
 その影響で、甲板は作り直し。

6. 1/350のエッチングパーツがかろうじて使えそうなので、あまりものを試しに張り付けてみました。

IMG_5012 (1280x960)

艦首付近 甲板中央部のみモールドが残っています。

IMG_5013 (1280x960)

色々と偽装品のモールドがありましたが、精度の悪いものはすべて削除し、すっきりしてます。
あちこちにプラ板を埋め込んで隙間をふさいでます。

IMG_5015 (1280x960)

中央部 ラッタル、モンキーラッタル、水密扉など、試しに貼ってみました。

以上 ご笑覧くださいませ。

プロフィール

北國海軍工廠

Author:北國海軍工廠
出戻りのおっさん モデラー (寅年)
あっと気が付けば五十路を超え、いまだ仕事、家庭そして趣味にと苦闘中。
写真は星になった愛犬のペキニーズ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード