スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/350 ロシア戦艦その3

3月27日 北國工廠の進捗報告。

引き続き帝政ロシア戦艦の工作です。

スラヴァは甲板を張り終えました。
350ロシア08

350ロシア09

少しずつ上部構造もかかっていきますが、キットのボロジノとは、だいぶ形が違うようです。
こちらの方も、ハーフスクラッチ化しそうでコワイ・・・ (>_<)

レイヴィザンは、舷側の形がガコガコしていて、複雑です。
艦首側から造作を始めました。

350ロシア07


ご笑覧ください。
スポンサーサイト

1/350 ロシア戦艦その2

3月21日 北國工廠での進捗報告です♪

帝政ロシア戦艦 スラヴァ と レトヴィザン の工作を進行中。

350ロシア05

右手前がスラヴァ(ズベズダのキット)、左奥が レトヴィザン (スクラッチ)です。

スラヴァの方は
1. 舷側 3インチ砲の取り付け  これは国親父師匠の教え通りに、工作中の破損を防ぐため
  砲身を切りとばし機関部のみを接着しています。

2. 船体の内側に補強リブを取り付け

3. 舷窓取り付け(途中です) 今回は内径1.0mm 外形1.4mmの真鍮パイプを輪切りにして
  はめ込んでみました。 施工精度を出すのが難しいです。

4.. 甲板下地に0.5mm プラ板を張り付け 帝政ロシア製の戦艦は木甲板が縦張、横見切り
  縦張という連続パターンで張られているようです。
  盟友 熊本のAKGさんのブログを参照ください。
  http://angel.ap.teacup.com/stylephoto/
  今回はこれを再現しようと思ってます。

レトヴィザンの工作
1. 各所 フレームを取り付け

2. 舷側3インチ砲郭の該当箇所を区画

3. 甲板を取り付け こちらはアメリカに外注した戦艦なので、通常の縦張という事で
  エバグリの筋入りプラ板を貼りました。

350ロシア06

仕事に追われ牛歩の進捗となっています。汗
ご笑覧くださいませ。

静岡企画スタート 1/350 ロシア戦艦

仕事にかまけているうちにあっという間に1か月が経過。
途中 室蘭用の飛行機モデルなども手がけましたが、バタバタで報告もしておりませんでした。

というわけで、あっという間に静岡まで残り2か月!
緊急発進で企画品に着手しました。

ロシア戦艦 1/350 スラヴァ と レトヴィザン

350ロシア01

スラヴァ は 第1次大戦リガ湾の戦いで、押し寄せるドイツ超弩級戦艦に勇敢に立ち向かい、勇戦敢闘の末 撃破されてます。
1次大戦企画にも流用できそうですね!
レトヴィザンについては、故 国親父閣下が手掛けておられた艦でして、コレーツやワリヤーグの旅順艦隊を補う作品とするべく
着工しました。

レトヴィザンの方はまだ骨組みだけです。(汗)

スラヴァの方の工作として
アンカーベッドの形状修正

修正前                   修正後
350ロシア02   350ロシア03

キットの舷側の3インチ砲郭の開口が逆なので、修正してます。
350ロシア04

これ実は左右対称ではなく、左右同じ形状なんですね。つまり右舷は艦首向き、左舷は艦尾向きになってます。

短期集中でぐわっと行きたいものです。

ご笑覧ください。
プロフィール

北國海軍工廠

Author:北國海軍工廠
出戻りのおっさん モデラー(寅年)
あっと気が付けば五十路も半ば…
仕事、家庭そして趣味にと苦闘中。
写真は星になった愛犬のペキニーズ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。