スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/350 汽帆船の習作 その6

11月24日の北國工廠 進捗報告です。

昨日に引き続き ヤードの取り付けとリギング作業をしました。

海王丸19

マストの上半分のヤードはキットパーツを整形しています。
下半分のヤードは、パーツ強度と変形を考慮して竹ひごから削り出しました。
キットパーツの太さに合わせて削ってますが、取り付けてみるともうちょっと
細い方がよかったような… (苦)

海王丸20

リギンはヤードを吊りあげているハリヤードと一部のブレースを取り付けました。
ステイ(斜め前方の固定索)、シュラウド(左右の放射状固定索)等の静索は
構造索なので、ピンと張っていた方が力の伝わりを表現できてよいのですが
現在制作している停泊状態(ハーバーリグ)のモデルの場合、ブレース
(ヤードの左右方向を調整する索)等の動索は、すこしたるんでいる方が
リアルに感じられます。
このあたりはもう一工夫が必要ですね。むむむ どうしよう。

ご笑覧ください。
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

1/350 汽帆船の習作 その5

11月23日 北國工廠の進捗です。

米原子力空母は来年9月向けですが、先に2月向けのブツを仕上げて
いかねばなりません。

1/350 汽帆船を再開しました。
リギンの続きです。

シュラウドとバックステーの根本にヒートンを埋め込みます。

海王丸16 海王丸13


ピンバイスの先に鍵型に曲げた真鍮線を加えて、極細の洋白線を
2つ折りにし、くりくり回して制作します。 右が出来上がった「ヒートン」

海王丸14

シュラウドとバックステーを固定しているターンバックルの替りです。

昨日 やっと静索が完了~♪

a href="http://blog-imgs-49.fc2.com/m/u/c/muchy/20141124090843b27.jpg" target="_blank">海王丸17 海王丸18


本日は各マストにヤード(横材)を取り付けていきます。

ご笑覧ください。

HMS ハンプシャーその1

11月16日 週末の北國工廠です。

デボンシャー01

RN工廠殿謹製 英国装甲巡洋艦 デボンシャー級のレジンキット!

デボンシャー02

流麗な船体形状に艦首の造形も完璧です。

レジン複製のいろいろな条件で、船体が3分割されており、甲板上のグレーになった部分は
甲板の継ぎ目消しにパテを刷り込んだ跡です。
喫水線は補強ために0.5mmプラ板を貼っています。

デボンシャー級は大戦ではあまり活躍していないのですが、この船はキッチナー将軍と共に
海の藻屑となったHMSハンプシャーということで制作を進めようかと思います。

キットを所望の方がいらっしゃいましたら、こちらに書き込んでみてください。
何とか手に入るかもしれません。(笑)

1/700 CVN-70 & 73 その5

 今週の工作はひたすら修行モード。

 修行その1 飛行甲板上の眼環(艦載機を固定する金具)をひたすらピンバイス。
       ピットロードのキットの方も、モールドが浅めだったのとラインモールド
       の部分に表現がなかったので、全面にさらいなおしました。(苦)
CV73-13.jpg

 修行その2 飛行甲板周囲通路のブルワークに補強を取付。0.3mmプラストラクト使用。
CV73-14.jpg

 修行その3 同上通路の三角補強に見立てて、0.3mmプラ板細切りをひたすら接着。
CV73-15.jpg


 夕べお風呂に入ったときには、肩こでりバリバリ! (笑)


 ずーっと修行で飽きた来たので、合間に艦尾近くのレドームを工作しました。
 このレドームは通常船体側から跳ね出しているのですが、カールビンソンのみ
 飛行甲板側から跳ね出しています。
 ちなみにレドームの頭の球形は、ガンダム用の関節パーツを流用しました。(関節技)
CV73-16.jpg

 ご笑覧くださいませ。

1/700 CVN-70 & 73 その4

11月3日の進捗です。
この週末は CVN-70 カールビンソンの船体周りの工作を進めました。

右舷側
CV73-10.jpg


左舷側
CV73-11.jpg


白く見えているところがプラ板の工作です。
現物合わせでプラ板を切り出し、積層もしくは箱組で構造物を取り付けています。
左右の張出構造物は、斜面や曲面で構成されており正確な形状がわかりません。
斜面の角度が違っていたり、明らかにバランスの違う部分もありますが、できるだけキットパーツを流用し実艦の写真を見ながら雰囲気を近づけています。


またキットの船体は各部レセスの彫が浅いので、しっかり開口して奥の壁面と天井面を作りつけました。


ハンガー内装
CV73-12.jpg

エレベーターの小判型開口を二重化。
ハンガー壁面を立ち上げました。CVN-73 ピットロードのキット形状に似せています。
飛行甲板を乗せてしまうと、暗くてはっきりとは見えなくなりますが、
「なんとなく内側も作ってあるぞ」という雰囲気が出せれば・・・(笑)

写真はコントラストを上げ目にしていますが、真っ白で見づらいですね。
ご笑覧くださいませ。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

北國海軍工廠

Author:北國海軍工廠
出戻りのおっさん モデラー(寅年)
あっと気が付けば五十路も半ば…
仕事、家庭そして趣味にと苦闘中。
写真は星になった愛犬のペキニーズ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。