スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第1次大戦企画 その1

いつもお世話になっているkudopapa@副長さま主催の「無限蒸気艦」では
かねてより「第1次大戦」競作企画が進行中です。

MMC、ミンダナオ、MPMC水ものコンペも終わったので、この企画用のキットを物色します。

英独01

写真は奥から「英巡戦 タイガー(コンブリック」「独戦艦 カイザー(WSW)」
「独巡戦 リッツォー(WSW)」「英戦艦 サンダラー(コンブリック)「独巡戦 ザイドリッツ(WSW)」

今回は「英戦艦 サンダラー(コンブリック)「独巡戦 ザイドリッツ(WSW)」で行きたいと思います。

ザイドリッツというとお馴染みの衛さんの名作があるので恐縮なのですが、秋田書房の「壮絶!ドイツ艦隊」を読んだ小学生以来、不死身のザイドリッツはいつかは作りたいアイテムとして記憶にありましたので、この機会にやってみようかと…

衛さんのザイドリッツは新しい「コンブリック」のキットですが、自分は艦船出戻りの頃に購入したWSWのキットです。
当時は細密なモールドで評判が良かったのですが、コンブリック新キットに比べると野暮ったく、またゴム型の疲弊からあちこち凸凹が見受けられます。


製作は細かいモールドを削って、船体の形状修正、サンディングから始めました。

コンブリックのサンダラーとの比較画像です。

英独02

右舷の船主楼の形状不良をプラ板を張り増して修正しました。

英独03


ご笑覧ください。

スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

Gotha爆撃機 その4

ずいぶんと放置しておりました Gotha爆撃機ですが、支柱パーツの
作成から戻りたいと思います。


ローデンのキットは、翼の帆布モールドや微妙な金具のモールドが秀逸で
自分としては気に入っているのですが、簡易インジェクションのため、プラスチック
の材質が極端に柔らかくて脆く、細いパーツにはほとんど強度がありません。
(箱を明けると折れているパーツが少なからずある。)

gotha09.jpg

代替パーツは1.2mm真鍮パイプに0.3mm真鍮線を通して、プライヤーでかっつぶして
作成しました。
大分のすんちゃんさんから、ご教授頂いた作成方法です。一番上がキットパーツです。

主翼の支柱は長短合わせて24本有りまして、これらをキットパーツを定規にして
作成、仮組してみました。垂直の部材は合わせやすいのですが、斜めパーツの
高さ、前後左右を合わせて行くのは筆舌に尽くしがたい試行錯誤と摺り合せが…(苦)

gotha10.jpg

東欧のキットはパーツ精度が全く当てにならず、どこを基準にすればよいのかも
現場合せになります。嗚呼 日本のタミヤがいかに優秀か身にしみます。

仮組の結果… 下翼の後退角が足らない事が判明(苦)接合部に流し込み接着剤を浸透し
1週間の緊縛プレーと相成りました。ご笑覧ください。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

ミンダナオ会に行ってきました

先週に引き続き、この土曜日は「ミンダナオ会」展示会に行ってきました。
この展示会も毎年2月に開催されており、単独のクラブの艦船模型展示では「世界最強」なのではないかという
物量を誇ります。

拙作も2点持ち込ませていただきました。
先週に引き続き「HMS ベレロフォン」と今週の新作「装甲コルベット 龍驤」です。

龍驤02 龍驤03

「龍驤」は熊本藩が英国より購入、明治政府に献納され帝国海軍最初の主力艦となった船です。

今回のミンダナオ会のテーマは「The BATTLESHIPS ~戦艦の時代~」です。
ミンダナオ01


入口に展示された大型模型は大迫力!

ミンダナオ12 ミンダナオ13

ネイビーバーのN田マスター作「1/200 USS アリゾナ」と新作の「1/200 DKM ビスマルク」
ビスマルクの方は未完で出来高70%くらいでしょうか。しかしさすがに大物(全長約1.3m)ひときわオーラを放っていました。

ミンダナオ14

手前から「1/350 セバストーポリ」「1/400 ダンケルク」「1/400 リシュリュー」「1/350 クィーンエリザベス」

ミンダナオ04 ミンダナオ05

ハンプトンローズの「モニター」「メリマック(バージニア)」 そしてお馴染み衛さんのアメリカ艦隊もゲスト参加!

ミンダナオ02 ミンダナオ03

圧倒的物量を誇るアメリカ海軍の戦艦。 1/350のアリゾナも見えますね!

ミンダナオ09 ミンダナオ10

歴史と伝統のイギリス海軍は「戦列艦 ビクトリー」最初の装甲艦「ウォーリア」。美しい迷彩の「1/350 ウォースパイト」

ミンダナオ06 ミンダナオ07

左列はフランス戦艦、右列はロシア・ソビエト戦艦 おつぎ 奥はイタリア戦艦 手前がドイツ戦艦。
イタリア戦艦は対空識別の赤白のだんだら模様が派手ですねぇ~。

ミンダナオ08 ミンダナオ11

お馴染みフォーサイトN田社長の南極観測船。 右は雑誌ネイビーヤードで活躍するU木さんの作品群。奥で談笑しているのはN田社長と艦スペのK村編集長。
それにしてもU木さんの作品は群を抜いて緻密な作りで、じっと見つめていると息をするのを忘れて苦しくなってきます。

ミンダナオ15 ミンダナオ16

殺菌消毒さんの「装甲艦 甲鉄(東)」と旧帝国海軍の戦艦軍

午後からは小樽のディアスさんも来場され、9月の北艦にむけアピールされていました。
打ち上げの「新橋亭」で盛り上がったのは言うまでもありません。

K又会長はじめミンダナオ会の皆さま ありがとうございました~♪


テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

MMC(三鷹模型クラブ)の展示会

更新が滞りまして、申し訳ありませんでした~。(^^ゞ

先週の週末になりますが、2月9日(土曜日)はMMC展示会に参加してまいりました。
模型好きなおじさんが集まったサロンのような、ユル~イ感覚の展示会でした。

拙作は3点
「ヘッツァ1944フランス戦線」「シャーマンM4A11943」タミヤ 1/48
「HMS ベレロフォン」スカイトレックス 1/700

ヘッチャン シャーマン

ベレロフォン

このところのガルパン人気にあやかって、どさくさのうちに戦車デビューさせてもらいました。
たまには戦車もいいですなぁ~。新鮮な感覚で楽しむことができました。

もうひとつの小型帆船模型は、いつもお世話になっているMPMCシュガー長官の「張り線がしたい病」が
感染し、急遽作ったものです。
スカイトレックスのトラファルガルシリーズはナポレオン時代の戦列艦をホワイトメタルの鋳造部品で
キット化したものです。組み立てはほとんど手がかかりません。今回は塗装で2日、張り線で2日くらいの
作業でした。

MMC展示会の様子もご報告したいと思います。
いつもお馴染みの衛さんとRN工廠さんもガルパンにあやかって戦車を持ってこられていました。

シャール

衛さんの「シャールB1 bis ガルパン仕様」タミヤ 1/35
重々しい車体に鴨さんマークが可愛いですね。

MMC09.jpg MMC08.jpg

RN工廠さんの「38(t)&シャーマン」「英国タンクMk I」
こちらガルパンの戦闘シーンミニジオラマ。撃破されると白旗がシュピッと挙がります。
もう1点は第1次大戦で史上初めて実戦投入された戦車 Mk.1の雄型です。

MMCメンバーの方の作品も何点かご紹介したいと思います。

MMC06.jpg
いつもお世話になっている降下猟兵さまの「ロールスロイス装甲車」ローデン 1/35
第1次大戦でアラビアのローレンスが使用した車両ですね。

MMC01.jpg MMC02.jpg

筆塗りの達人A賀さんの1/32航空機。「Pfalz D.XII」「メッサー」

MMC12.jpg MMC13.jpg

G味さんの「HMS ドレッドノート」 ズベズダ 1/350
昨年の静岡合同展示会でデビューした作品で、雑誌でも取り上げられていたのでご存知の方も多いかと思います。
透明エポキシを流し込んだ海面の表現が素晴らしい。また、艦上でも様様なドラマが再現されています。

MMCの展示会は毎年2月の初旬に三鷹駅前の芸術劇場にて開催されています。
とてもオープンでくつろいだ大人の集まりですので、興味のある方は是非ご来場くださいませ。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

北國海軍工廠

Author:北國海軍工廠
出戻りのおっさん モデラー(寅年)
あっと気が付けば五十路も半ば…
仕事、家庭そして趣味にと苦闘中。
写真は星になった愛犬のペキニーズ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。