1880年代の汽帆船 その6

4月22日の進捗報告です。

本日はまず副砲のキャリッジを内部に格納→舷側外板、上甲板、舷側装甲、スタンウォーク等を加工しました。

ナヒモフ15

舷側外板の施工中。内部には副砲キャリッジを固定済(可動)です。
舷側は0.3mmプラ板を2重張りしました。だいぶ船らしくなってきました。


ナヒモフ12

舷側のタンブルフォームがよくわかる画像です。
スタンウォークは扉、角窓、手摺、構造材等を取付。エッチングパーツは、昨年「オスリャビア」で
使用したホワイトエンサインの「1/350ボロジノ用」の余りを使いまわしております。

ナヒモフ13

上甲板、ガンデッキのレベルに半丸形状のモールドがありますので、プラストラクトの
型材で再現しました。
上甲板の木目はお馴染みエバグリの筋入りプラ板を使用。

ナヒモフ14

艦首のディテールです。
上の方にあいている穴ぼこはバウ・スプリットの差し込み用です。

来週は汚水捨管、舷窓、ホースパイプなど舷側の造作を取り付けていこうと思います。
ご笑覧ください。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

1880年代の汽帆船 その5

4月15日の進捗です。

今週は「主砲塔の作成」「上甲板の下地張」「内部の塗装」を
行いました。

ナヒモフ11

主砲塔は特徴のある菱形配置です。
更に舷側の中部砲塔は、タンブルフォームの舷側から飛び出して配置されています。

ナヒモフ10

作成した主砲塔のディテールです。
8インチの連装キャリッジを円形のバーベットに納めています。
厳密に言えば、いまだ「砲塔」になっておらず、バーベット砲に非装甲のカバーがついた物と言えそうです。

いよいよ来週は舷側を張って、船体の工作を進めていきます。
ご笑覧くださいませ。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

1880年代の汽帆船 その4

今週末の進捗状況です。

ナヒモフ09

前週に引き続き主砲、副砲のキャリッジの工作完了しました。

ナヒモフ08

引き続き 副砲々郭の補助フレームを取り付けております。

ナヒモフ07

来週は主砲塔の工作→メインデッキの取付と進めるつもりです。

ご笑覧ください。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

1880年代の汽帆船 その3

今週は大変地味な更新です。

ナヒモフ06

先週に引き続き、主砲・副砲の砲身、キャリッジの加工です。
副砲の内部動作範囲が思った以上に大きく船体フレームの構造や
キャリッジの形状など、いろいろと思い悩んでしまいました。
とりあえずキャリッジの基部の切り出し、主砲の鞍部の造作終了です。

ご笑覧ください。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

北國海軍工廠

Author:北國海軍工廠
出戻りのおっさん モデラー(寅年)
あっと気が付けば五十路も半ば…
仕事、家庭そして趣味にと苦闘中。
写真は星になった愛犬のペキニーズ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード