帝政ロシア戦艦その22

先の週末の進捗状況です。
今週は煙突、砲塔のディテール工作をしています。

オスリャビアの煙突周り

oslabia79.jpg

各煙突のモールドを伸ばしランナーで表現。
第1煙突の前部には汽笛を取付、他の部分は蒸気捨管。
煙突のトップには0.2mm真鍮線を加工して雨除覆いを取付ました。

オリョールの煙突周り

oslabia77.jpg

煙突トップの形状は明瞭な写真が無かったので
ボロジノと類似の形状としました。
雨除け覆いはエッチングパーツ
同じく第1煙突の横に廻りこんでいるのは汽笛。
その他は蒸気捨て管。これらの配管類は0.08mmの
銅線をよじって取付金物としました。

オリョールの砲塔ディテール

oslabia78.jpg

天蓋の外周部には1段の手摺。これは3段手摺の1段分を
切り取って取付。砲身の間にタラップを設置。
タラップの手摺は、通常の手摺パーツのかけらを曲げ加工して
取り付けてみました。

最後に全景です。ご笑覧ください。

oslabia80.jpg

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

帝政ロシア戦艦その21

3月21日の進捗状況を報告します。

全体としては、すっかり微速前進となってしまいました。
4月の展示会はもういけません。とりあえず途中経過でも持っていこうと思います。

oslabia74.jpg

全景です。軍艦の斜め後ろのアングルは定番ですが、いい感じです。

oslabia76.jpg

先週に引き続き艦首部分の艤装。通風筒等を追加。

oslabia75.jpg

そして艦尾部分の艤装。フェアリーダ、ボラード、キャプスタン
トップライト、ハッチ、通風筒を工作しました。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

帝政ロシア戦艦その20

久々に記事を更新いたします。

初めに、このたびの震災で亡くなられた方のご冥福を祈るとともに
被災された方、復旧、救援作業の方々そして原発で被害拡大阻止の
ために作業されている方々のご無事を祈念いたします。

この1週間は、さすがに製作ストップしておりました。
今日は先々週の週末の作業状況の報告です。

艦首部分の艤装品を製作し、取付ました。
フェアリーダ、ボラード、キャプスタンに錨用クレーンのレールです。

oslabia72.jpg


舷側の水線部装甲板を0.3mmプラ板を張り付けtることで 表現しました。
中央部分はもう1甲板分装甲が取り付けられており 上下2段の副砲砲郭から
中央部に段差をつけて表現してみました。

oslabia73.jpg

この3連休は久々に作業を進めたいものです。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

北國海軍工廠

Author:北國海軍工廠
出戻りのおっさん モデラー(寅年)
あっと気が付けば五十路も半ば…
仕事、家庭そして趣味にと苦闘中。
写真は星になった愛犬のペキニーズ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード