ロールケージその2





道北技研であります。


ロールケージ その2です。






前回のロールバーに、斜行バーを追加したところです。

本来は2本で、タイヤハウスへが斜行バーをとるのが一般的なんです。
が!? Zは床板へ斜行バーをとります。
多分…床板下のデフに力を掛けたいのでしょうか?


両方の良いとこをミックスして、斜行バーを4本…欲張ってみました。(笑)






2枚目は、補強のバーを加えたところです。

一応、トラス構造で…

こんな具合でリアロールバーは完成ですね~。


この構造に追加バーを入れますと、いよいよロールケージへ発展していきます。
フロントガラスの角度など色々と課題が有ります。
なんとかクリアして、前方へと追加バーを伸ばしていきたいなぁ~。(笑)






3枚目は、バケットシートを直した!? 画像です。
不恰好ですが、中間でシートを5mmカットして直してみました。(^_^;)

苦肉のアイデアです。

表側のディテールを復活させています。




今回は、こんな感じで


つづく…。

コルベット金剛その5

この週末は細部の塗り分け、備砲の取付そしてリギングと作業を進めました。

kongou19.jpg

備砲は17cm砲(中央部)15cm砲(舷側部)を搭載。
いずれも先込砲でピボットキャレッジという台座に乗っています。

kongou17.jpg

舷側は墨入れとウォッシングをしました。
リギングは下段の静索まで張りましたが、もう眼が死んでしまって
ギブアップでした。

kongou16.jpg

中央部のアップです。
リギングはナイロンテグスの0.8号、0.5号、0.15号の3種類を使用しています。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コルベット金剛その4

今回はマストの加工をしました。

フォアマストとバウスプリット

kongou14.jpg

メインマストとミズンマスト

kongou15.jpg

各マストのヤードとフットロープを取付け、塗装しております。
同時に煙突、給気筒、ボートダビッド等黄色塗装しております。

kongou13.jpg

各所の細かい塗り分け、タッチアップ、大砲の取付後
いよいよリギングにチャレンジです。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

ロールケージの製作





道北技研であります。
微々たる進捗ですが、ロールケージの製作!その1って感じです。






まずは、内部の計測をしてメモ図面を…相変わらず適当です。(笑)

図面上の試作品は、大き過ぎでボツです。

内側に小さく図面を直して…試作品を2つ!
曲げ塩梅が気に食わない〓。失敗です。






次の画像です。
試作品は4つ目です。
練り消しゴムで固定しています。
仮組をして、内部のガラスまでの高さを調整しています。
隣は、ガラスの固定とキズよけのマスキングテープをされたボディですね~。


*プラ棒は懐かしの、ロウソクでの炙り曲げです。

しかし、精度が出ないので曲げ方法にコツが有ります。

折れないぐらいに、先に曲げるんですね~(笑)
曲げた部分のプラ棒を炙ってストレスを取る方法です。
意外と寸法が出やすい方法です。

…と言っても、4つも試作してしまいましたが。
(^_^;)






最後の画像は…
問題発生中です。(泣)

天井のガラスまでのクリアランスを確保したと言うことは、ロールバーが高さの上限ですね。

あらら…せっかくのバケットシートの高さが!?
ロールバーと同じ高さ!
黒いシートがキットのシートです。
バケットシートの方が格好良いだけどなぁ~


シートの件は、ロールケージ製作後の宿題にしておきます。


この基本的なロールバーより追加バーなどでロールケージへ発展して行きます。



つづく…。

帝政ロシア戦艦その17

この週末は地味~な作業でした。

oslabia61.jpg


外観はほとんど変化なし。
両艦とも舷窓の口輪と雨除けの眉毛の取付をしていました。

oslabia62.jpg

オスリャビアの舷側アップです。
真鍮リングのはめ込み、錨の取付をしています。
予備錨には、取付下地、固定用のフックなどディテールを造る必要があります。

oslabia60.jpg

オリョールの方は、雨除け(眉毛)の取付完了。
中央部の1個が外れてますね…(^_^;) ご愛敬ということで。

この後も船体のディテール追加を継続します。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

正月休みの進捗状況

我が家では二人の子供たちが共に受験中なので、正月の行事はなしでした。
当然 時間は模型に振り向けられるわけでして… (^O^)

コルベット金剛 :
主な工作を終了して、塗装モードへ
甲板をマスキング、船底を塗装→マスキングした状態。

kongou10.jpg

舷側に濃いめのグレーを吹き付けて、識別線(縁の部分)をマスキング。

kongou11.jpg

全体に薄いグレーを吹いてマスキングを外しました。
船体の基本塗装は完了です。

kongou12.jpg

オスリャビヤとオリョール :
帝政ロシア戦艦もボチボチと進行中。

oslabia56.jpg

オスリャビヤは舷窓、ハッチなど船体のディテール加工。

oslabia58.jpg

オリョールは、後部艦橋を工作。

oslabia57.jpg

春の展示会に持っていくためには、そろそろ巻きが入ります。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

初作り





道北技研であります。
重い腰を上げて、初作りです。
今年こそは完成できますよ!間違いなく!! (^^ゞ


残る工程は
ロールケージの完成
後部小物のレイアウト
ボディの最終仕上げ
塗装&組み立て工程です。





では!年末のつづきです。
リアタワーバーに削り出した、ボルト&ナットを接着した画像です。

こんな感じですね。
ほぼ完成~♪






次は
ロールケージ作る為に足場を作った画像です。

画像のドア右隅の穴がそうです。

この為に…スルーしていたサイドシル(ドア下の骨組み)を追加しました。
画像では、肉抜きの穴を空けている部分です。


無視しようと考えてましたが、やはり土台から考えると無視できなくなりました。(^_^;)






最後の画像は、ガラスの位置を決めするプラ板を接着したところです。

ガラス位置が一定にならないと、ロールケージのクリアランスが難しいと考えました。
ロールケージの製作より先にガラスの建て込みを調整しました。
裏面は、スライド金型のズレなどが大きいのでガラスとボディの密着も調整しています。


やっと!
ロールケージ製作のスタートラインですね。(^_^;)



去年より更新がバラツキそうですが、よろしくお願いいたします。

道北技研



つづく…。

明けましておめでとうございます。--- コルベット金剛その3

明けましておめでとうございます。
新年もよろしくお願い申し上げます。

ということで(←何が?)
相変わらずモケイの日々であります。
コルベット金剛の船体艤装を進めました。前回より
1. 錨、錨鎖の取り付け
2. マスト基部にファイフレールを設置
3. 各所にタラップを取付(ライオンロアのエッチング)
4. 各所に手摺を取付(同上)
5. ボートダビットの取付(同上)
6. 煙突周囲の通風筒と後部の3インチ砲を取付
7. 艦尾 旗竿を取付

kongou09.jpg


本当は中央部舷側のは手摺ではなく、ハンモックネッティングといって
砲弾のスプリンター防御のため、ハンモックを入れておく柵のようです。

kongou08.jpg


これから甲板をマスキングして、船体の基本塗装に進みます。
最後に大きさ比較の画像です。

kongou07.jpg


手前に10円玉、背景は1/700 巡洋戦艦「金剛」と製作中の1/350「オスリャビヤ」。
ご笑覧くださいませ。<(_ _)>

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

北國海軍工廠

Author:北國海軍工廠
出戻りのおっさん モデラー (寅年)
あっと気が付けば五十路を超え、いまだ仕事、家庭そして趣味にと苦闘中。
写真は星になった愛犬のペキニーズ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード