帝政ロシア戦艦その3

あまり変わり映えのしない画像で申し訳ありません。
先週は夏バテ状態で、武装パーツの作成は今一つ進んでおりませぬ。
先の週末は船体各所の整形作業をしました。

oslabia12.jpg

オスリャビャは舷側の下地板の取付&整形をしました。タンブルフォームの船形が見えてきました。

oslabia11.jpg

オリョールは各部のエッジ整形と面出し作業をしています。

oslabia09.jpg

このキットは金型の左右のずれが大きく、パーツの各部が歪んでいて、やすりをかけただけでは
到底修復ができず、各エッジ部にプラ板やパテをつけて整形する必要があります。

oslabia10.jpg

また、舷側各部に大きなヒケがあり、いったんモールドを削り取って180番の荒いペーパーで
面を出してやらないとどうにもなりません。写真を見るとまだヒケてますねぇ。(T_T)

もう少し時間がかかるようです。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

メーターパネルの製作





道北技研であります。
仕事は珍しく早上がりです。こんな時間の更新です。
暑いですが、北海道のカラッとした空気ですよ~♪
暑さに疲れた方は、是非とも道北へお越しくださいませ。





メーターパネルの製作をしてみます。

って…かなり進んでいますが。(笑)


キットのメーターパネルは、古いものですのでメーター類のディテールアップをしてみます。

いつもの旋盤加工にて、小メーターを6ケと大メーターを2ケ、ハンドルポストのメーターと7個!削りだしました。

微細加工ですので、拡大鏡の倍率もアップしてメーター縁を削りだしています。


資料を元にしていますが、メーターの配置もアレンジしています。


まず、キットのラジオ!
一番下ですね。
まさか…音楽や交通情報を聴かない訳でもないですから、残しています。
ボリュームとチューナーのつまみを追加してます。


中段は、ファンやヒーターのパネルです。
これも、車には欠かせない装備です。ファンのつまみとヒーターの切り換えつまみを追加しました。


上段は、室内エアの吹き出し口です。この部分を潰して三連メーターを入れています。


左のタコメーターは、後付けのメーターみたいで大型です。
右のスピードメーターは、ディテール不足で新たに削りだしたメーターをはめ込んで二重にして奥行きを!


ハンドルポスト下に、ポチポチと追加装備を足していきます。





メーターパネル上面の画像です。デフロスターの吹き出し口を彫りこみました。
ちょっと形状が大きいかな?修正箇所ですね~。
マニアチックに、小メーターを運転席側に向けて接着います。(笑)





ハンドル&ハンドルポストも、やっつけ仕事で…ブーストメーターを追加してみました。(汗)



こんなところで終了~。
細かな修正作業と仕上げをしていきます。

意外と時間掛かってるんですよ~。





つづく…。

バケットシート完成





道北技研であります。
大陸の高気圧により、蒸し暑い感じは先週より和らいでいますが暑いですね~。




先週の続き、バケットシートを完成させちゃいましょう。


シートブラケットの下に、プラ板にてシートレールを追加します。

適当な材料がないので1mm厚のプラ板を細切りにして使いました。
シートレールに同じく、プラ板で脚を追加!
横板は、0.5mmのプラ板でそれらしく作っています。

シートを前後させるレバーは、真鍮線を現物合わせで曲げて!横板の裏側で接着して隠しています。

プラ棒にてボルト等を脚に追加しましたが…ほとんど見えません。





仕上げのサフを吹いた画像です。
シート表面も、更にパテにてザクザクと筆先で叩いてディテールを直しました。

真鍮線のレバーなどほとんど見えないですよねぇ…。



ははは…いーんです。
作ったぞ!と言う自己満足ですから(笑)





最後の画像は、シート位置を決める作業をしています。

キットのシート位置ですが、削り取っています。
黒い部分が削ったヶ所。

シートの位置決めに邪魔になって、削り取ってしまいました。


プラ板にて新しいシート位置を決定しています。

この部分は実車でも、骨の位置でして…再現しようかなぁ~などと迷っていました。

シートの脚だけでは、接着シロが少ないので強固に接着する為に再現してみたのですが。


まぁ~これも自己満足の代物です。(^_^;)





来週は、骨の仕上げ!?
メーターパネル~追加CP等々をボチボチとディテールアップ&スクラッチしてみます。




つづく…。

帝政ロシア戦艦その2

ロシア戦艦オスリャビヤの今週の進捗です。

舷側に下地の板を張り込み、船型の調整・切削を行いました。
同時に艦首・艦尾の形状修正も行っています。

oslabia08.jpg

今週「オリョール」は進捗なし。

艦首はアンカーベッドと5インチ砲の砲郭まで成形し周囲に
パテを盛って大まかな形状を削りだしました。

oslabia07.jpg

艦尾は、前回国親父師匠からご指摘があり形状を大きく修正
しております。

oslabia06.jpg

舷側の上部は内側に3インチ砲と5インチ砲を仕込まないと
ふさぐことが出来ません。とりあえず試作しました。

oslabia05.jpg

3インチ砲は1.5mm、1.2mm、0.5mmの各種プラ棒の組み合わせに
砲身部分は0.6mmの真鍮パイプです。
5インチ砲は、ネタ本カードモデルのパーツを切り出しました。
その基部に1/350 5インチ砲の真鍮砲身(既製品)を取り付けます。
既製品の真鍮砲身は加工精度が高く、見栄えがしますね。

後方に写っているのは、「オリョール」のプラ部品の砲身を0.6mm
真鍮パイプに取り替えたものです。
「オアスリャビヤ」には5インチ砲 11門と 3インチ砲 20門「オリョール」
には3インチ砲20門を取り付けねばなりません。
来週はひたすらこの砲の量産です。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

バケットシート




道北技研であります。
暑いですねぇ…道北まで太平洋高気圧に覆われる異常気象です。
ペンギン村にも真夏が来ました。
ちなみに、ペンギン村住民の耐熱温度は+25゜~-15゜
耐熱温度をオーバーして、のびています。(>_<)

製作も遅延してます。画像も二枚と少ないです。





さて~ジャンクのバケットシートに手を入れてみます。


形状はバッチリですね。
モデラーの性分としては、スパイスを効かせたくなりますね♪


前回の工作で余った、ウェットティッシュを貼ってみました。
今回はシワを伸ばす感じで、Sセメントを塗りながら丹念に貼っていきます。


貼り終えたモノと、溶きパテを塗ってディテールを確認したモノです。


さすがに、オーバーディテールですね。
素材の違いを感じるには、オーバー目の方が分かりやすいのではと思いました。
いかがでしょうか?
個人的な感想ですけど。





進みまして、シートレールのブラケットを再現してみました。
苦手な、同じパーツを4つ作る作業です。

シートの高さを調節する穴を空けていますが、接着後に…!? 長穴加工したら良かったと気づきましたが、後の祭りでした。(泣)


このパーツの下にシートレールがつきまして、シート部分は完成って感じですかね。

シートに不足していました、腰部分のシートベルト穴も追加工作しています。





と…ドアを可動式にしている訳では有りませんが、ついつい追加工作をしてしまいますね~。




つづく…。

帝政ロシア戦艦その1

さすがに展示会の後は、少しぐったりと模型の方はお休みでしたが、
先週あたりから再始動しております。
kudopapa師匠から、某国営放送の歴史ドラマ「坂の上の雲」連動企画の
お誘いがありまして、少し前から構想(妄想)しておった物件です。

ネタはこいつです。

oslabia04.jpg

所謂カードモデルに1/200スケールのロシア戦艦「ペレスヴェート」があります。
これを1/350に縮小して、日本海海戦の「オスラビア」に仕立てようというものです。

oslabia01.jpg

骨組み中。単艦だと逡巡する部分が多く出そうなので、ズベズタの1/350戦艦「アリョール」と
同時進行で組み立てていきます。

oslabia02.jpg

この週末は、砲甲板と舷側の下地そして上甲板を取り付けました。
「アリョール」と比較して腰高なプロポーションです。

oslabia03.jpg

艦首付近のアップ。成型はまだまだこれからですが、相当に手がかかる予感です。
この艦はまるで一角獣のように艦首中央に5インチ単装砲を装備しており、その砲殻部分の
穴が開いてます。
次週はこの5インチ砲、舷側の5インチ砲、3インチ砲を作りつけていきたいと思います。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

ABCペダル





道北技研であります。





さて、キットで省略されているペダル類を製作してみました。

プラ板とプラ棒、真鍮線にて出来上がっています。


アクセルペダルは、プラ板にサンドペーパーを貼り付け、真鍮線との組み合わせで!


ブレーキとクラッチペダルは、エバグリの細切りプラを貼り付けてペダルのディテールに!


ペダルの間隔と角度を調整するのにプラ棒を挟んでいます。


接着面積を確保する為に、プラ棒の裏側にプラ板を接着!裏打ちしてます。
この時にフロアとの距離も調整しました。





出来上がったペダルをバルクヘッドに接着した画像です。


クラッチペダルの横にフットレストを追加工作、表面にサンドペーパーを貼り付けています。


ナビ側にも、大型フットレストを追加しました。
ジャンクパーツより流用しましたが、穴が若干…オーバーですねー。


フロアには、雑誌を参考に乾かしたウェットティッシュを貼り付けました。

うーん!?
雰囲気は、実車のサイレントシートって感じです。
悪くはないですね。

*サイレントシート
読んで時のごとくですが、フロアから音をカットする為の防音シートです。
砂利の音や水飛沫の音等々、色んな音をカットすると思います。





最後は、メーターパネルとシートを載せて仮組の画像です。

シートの高さが、若干低いかな…?
インチキシートレールを作ってみます。





つづく…。
プロフィール

北國海軍工廠

Author:北國海軍工廠
出戻りのおっさん モデラー (寅年)
あっと気が付けば五十路を超え、いまだ仕事、家庭そして趣味にと苦闘中。
写真は星になった愛犬のペキニーズ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード