ドア裏側の製作開始







道北技研であります。

ドア裏側の製作開始を開始します。





まずは、内装パーツをプラ板にけがいて切り出します。

資料の裏骨の写真を見ながら、穴を空けます。
片側を工作した画像です。




内装ドアパーツの裏に接着して形を整えたところですね。ドアパーツのウインドウレギュレータと若干ズレてますが…(笑)


内装パーツに、シボっぽいディテールをSセメントを塗りつけて再現しました。

*この黒いプラ材の特性みたいです!?シボパターンの中には…自分の指紋も入ってますよ(笑)
Sセメントで表面が縮れますので、指紋と縮れを利用しながら溶かして再現しています。





イメージとする、具体例を一緒にアップします。

仮組したドア回りです。


この製作例の原点は、フジミのエンスーポルシェです。


エンスーポルシェは、非常に難易度の高い模型なんですが完成すると内装からエンジンまで観察出来ますよね。

ボディを外すと…物足りない!画像をご覧ください。

考えたのが、ロールケージを組んでボディラインをイメージさせることでした。
ブラックバード号にてトライしたんです。
しかし、ドア回りの問題が!
ドアはボディに付いてますので、内装ドアの構造物が無いのです。
ブラックバード号では、ドアヒンジとドアラッチを車体に再現してあります。


この方法では、ドアの厚み表現がまったく無いので不満が残りました。


で!今回はドアの裏骨を再現して、あたかもドアを透視した感じと考えました。
ボディを被せる都合も有りますし、厚み表現も中途半端になりますが上手く行くか、しばらく試行錯誤してみます。




つづく…。

浅草シフトその5

前回に引き続きチマチマ マスキングと塗装です。

POW
HMSPOW8.jpg

Hood
HMSPOW10.jpg

Bismarck

HMSPOW9.jpg

HoodとBismarckは基本塗装を終了して一部マスキングを外した状態です。
POWはまだまだ迷彩塗装が続きます。
HMSPOW11.jpg

あと17日 間に合うのか…

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

フロント回りの完成





道北技研であります。
仕事が早く終わって、ちょっと意外な時間帯のアップです。

フロント回り工作開始しますと書き出して…2ヶ月掛かってます。(^_^;)


完成した画像をどうぞ





車体裏側
エンジンメンバーとラック&ピニオン部分です。





エンジンルーム側
エンジンメンバーの厚みを増して立体的になっています。メンバーの穴はエンジンマウントの取り付け穴ですねー。
マウントは、後ろへ移動してますので辻褄合わせです。(笑)

マウントの左(自動車では右)には…こっそりとバラストを再現!?
ターボやサージングなどが片寄ってるので…って

ははは…マニア





フロントストラットと電動パワーステアリングです。

ふぅ…なんとか完成しました。





残りの工程は!

ドア裏側の再現(裏骨)

ロールケージ

車内小物

リア燃料ポンプ&コレクタータンク等々です。

まだ工程は有りますが、書き出したらキリがない…。


いよいよ車体上面へ!!



つづく…。

浅草シフトその4

いよいよ浅草の展示会まで1カ月を切りました。

HMSPOW6.jpg

土曜日の進捗、ひたすらマスキングです。

HMSPOW7.jpg

日曜日夕刻の状況。木甲板のマスキングは一応終えてその他の甲板または
各部の水平部分に色をつけていきます。
ビスやんはかの有名なバルチックスキームを塗装
「白」マスキング→「黒」マスキング→船体色 という順序で吹き付けていきます。

明日は朝一から会議があるので、夜の間に関東工廠へ移動です。
来週は基本塗装を終えたいですね。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

Uボート





道北技研であります。
何故か?5月連休の休みを消化中です。





ハセガワ1/700 Uボートを作ってたりして♪
7型と9型です。

いたって素組…
手摺を付けただけでーす。(^_^;)
艦首にボラードの穴を、艦首が細くて難しい~。
艦橋に用途不明の穴を追加しただけでーす。


ハセガワ…根性のモールドを活かしてます。ループアンテナとレーダーまで艦橋に一発で抜けてます。


古いキットでバリは酷いですが、心意気を感じる設計ですね。


2日で形になりました。
塗装は、悪魔のZの暇をみながらボチボチと塗ってみたいなぁー。




以上~休日の遊びでした。

フロントブレーキホース





道北技研であります。
今週は進捗が遅い…。(泣)
休日…ウチのじい様に頼まれて、桜の枝の選定作業!病気にかかった枝をギコギコと切り落とし。

冬に汚れた家に、ホースで水をかけて…酷い汚れだ!ついでに、冬タイヤを洗って更に洗車!晴耕雨読!?
そんな1日でした。


寝やすい温度になったのか?眠い眠い病かっ…早寝の連続でした。

少ない時間で製作した記事です。(>_<)





フロントブレーキホースを製作しました。
プラ棒を削り出してジョイントに、スケールを一緒に撮影しましたのでミリ単位の作業が解ると思います。
メッシュコードは、ホース本体ですね。ジョイントのエンドに真鍮線を接着して位置決めと接着の足にしています。





で!片方をブレーキキャリパーに接着した画像です。
フロント側は、組み立てを考えましてキャリパーに固定しています。
4ポッド?8ポッド?キャリパーのホースの接続位置は、真ん中です。
資料などを探して、中央に有ることが判明しました。

*ブレーキのピストンが沢山有るので、ブレーキ圧力が一気に、均一に掛かる場所としては~なるほどの位置ですね♪





最後はサフ吹き前に、仮組した画像です。
前方より撮影しました。
慎重に擦り合わせしたので、ロアアームを折らずに…ほっ(笑)
メガネ用の精密ネジで固定しました。
うーん♪イメージ通りかな♪♪♪
ラック&ピニオン部分の点検用の六角モールドも写っています。
ブレーキホースもご覧の位置に取り回して♪

切り取った部品を再接着してから、分解!サフ吹きですね~。




来週は、もう少し頑張りま~す。



つづく…。

模型を楽しく







道北技研であります。
趣向を変えて、模型を楽しく!!のテーマです。


バブリーラジコン生活の後に、模型に出戻りした作品です。

気ままにディテールアップして楽しみました。


キットはエンジンレスです。資料のエンジンを見ながら~アニメの設定のエアダクト?は何かと想像したして、適当にディテールアップしました。

エンジンは空冷ですから、エアダクトはインタークーラーを内蔵した構造だと解釈して造形しています。


フィギュアも…酷いモノで劇中の設定に似せて、かなり顔を治しました。


てな感じです。
(ルパンをテーマの凄い作品が有るので恥ずかしい…)



模型が好きと言うよりは、メカニズムが好きなタイプかと自己分析してしまったりして(笑)


作りながら、このパーツの役割は???だろうと想像してしまいます。





カーモデラーと言うより!実車好きですし、運転好き!同じ車を22年転がして…実用車かと言えば、レーシングカーに近い車に乗ってたりです。(^_^;)

好きなドライバーは?
なんて聞かれても…綾部、国政、田嶋って感じです。ドリキンなんて彼等の後ですわ。
中嶋さんより、故高橋、萩原さんの方がF1ドライバーに近かったと思っていますし。

自分の実車経験をもとにして、ほかのモデラー方々と違うアプローチで製作をしてる感じがします…。




作りながらメカニズムを理解したり想像したりと楽しく製作しています。

一つ一つ…部品のスクラッチ、たしかに大変です。
積み重ねた造形が形になっていく!
楽しいんですね♪




ご覧の皆様に、エールをこめての日曜更新でした。




つづく…。

フロントの各部仕上げ







道北技研であります。
コメント通りにCD三昧でしたので進捗は少しです…。




ハンドルポストの続きですね。
溶きパテを塗って見ました。
…ユニバーサルジョイントの出来に不満が有ったので追加工作を!
ジャンクの真鍮板(エッチングパーツの端切れ)で、コの字を作りユニバーサルジョイントにしました。

プラ棒をボルト風に瞬間で貼りつけて~
前回のアップより、ましに成りましたね。





続いて、フロントストラットをバラします。
リア側と同様にブレーキキャリパーのホルダーを削りだして接着!
またまた、プラ棒でボルトらしきポッチを加えてます。
ストラットとナックルの接続ボルトもポチっと…
分かりにくい追加工作だなぁ~(マニア向け)





タイヤも加工しました。
フロントはフジミにチェンジしたので…
偏平率は文句の無いレベルです。しかし!タイヤの角が立っていてタイヤぽくない。
重量感も感じないので、とりあえずタイヤの角を丸くしてあります。

タイロッドエンドが干渉してしまうので
ホイルの裏側を丹念に削ってリムを広げています。



溶きパテを塗ってありますので、パーツの修正をしてサフ吹き完成かな!?





チマチマ進捗ですが、今週はこんなとこです。
ブレーキホース製作とサフ吹きで裏面工作から脱出出来るのか!?




つづく…。

浅草シフトその3

関東工廠での作業状況です。
SMS Scharnhorst を工作中。コンブリックのレジンキットですが
プロポーション、ディテール共 大変よくできています。

シャルンホルスト2

キットにはレジンの砲身パーツがあるのですが、ここは奮発して真鍮砲身を取り付けました。
といっても日本海軍用20cm砲の流用です。
当初レジン砲身をとりつけていた6インチ砲は、日曜日にふらっと立ち寄ったレオ○ルド金沢店で
フクヤの格安パーツを発見し取り替えました。
ぐぐっと感じがよくなります。(← 自己満足…)やっぱ男は「大砲」ですな!(^O^)

シャルンホルスト3

艦橋部分の作業状況です。
司令塔、フライングデッキ、ミリタリーマストと取付け、それらに手摺、ヤード等加工していきます。
全体の進捗率 50%といったところでしょうか。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

浅草シフトその2

という訳で、昨日の続きです。
永らく放置プレーだったビスやんとフッドも完工目指して塗装モードです。

HMSPOW4.jpg

今回の甲板の表情付けは「水彩色鉛筆」を使ってみました。

HMSPOW5.jpg

遠目で見るとそれなりですが、アップではいま一つですねぇ… (-_-;)

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

浅草シフトその1

7月17、18日の艦船模型合同展に向けラストスパート態勢に入りました。

HMSPOW1.jpg

HMS Prince of Wales です。もう30年前のキットです。だいぶ金型のへたっている様子も散見されますが
元来良くできたキットなので、実質作業時間4日で本体の工作完了です。
使用したエッチングはWEMのKGV用とライオンロアの汎用を取り混ぜております。

HMSPOW3.jpg

後ろから

HMSPOW2.jpg

中央部のアップです。
これからサフ→甲板のタン塗装と進めていきます。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

ハンドルポストとパワーステアリ ング






道北技研であります。


電動パワーステアリングを製作してみます。





まずは、いつも通りにハンドルポストを削り出したところです。
こんな感じに付きますね。




さらに進んで、ラック&ピニオンのピニオン部分を造形した画像です。

固定しているので…作業は知恵の輪ですね。
プラ材に穴を開けまして、整形後に半割り!ラック部分に被せて接着しています。


ピニオン部分からユニバーサルジョイント取り出して(こんなもんかなぁ…)


ハンドルポストも長さの調整と車体側のフランジを!角度も決定して固定します。

ハンドルポストのユニバーサルジョイント…再現が難しい。ジョイントぽくごまかしてます。(^_^;)





電動モーターと周辺機器を再現したところですね。


電動モーターはギア部分まで一体で削り出して、ポストに接着しています。箱型の物体は…多分?アンプユニットかな??


*箱型物体の推測
電動モーターを常時駆動するには、バッテリーの電圧では不足している。

電動アシスト自転車では駆動方向が一定なので制御が楽なはず。

すると…ステアリング方向を感知してアシストする、スイッチング機能を持った高周波アンプかなと?





最後の画像は、推測から配線をしたところです。
資料写真には沢山の配線がみえますが、かなり間引いてスッキリとさせました。

配線をまとめる、タイラップ風な表現はプラマスギングテープの極細切りで、ちょっと太く切ってビニールテープ風にしてみました。

TZさん!ありがとう~真似させてもらってます。簡単で効果的ですね♪
極細線でワイヤー風に固定も大変だったもので…
テープの切り幅で色々な表現に使えて便利ですね。



外観が完成しましたので、次週はサフを吹いて工作精度の確認を!




つづく…。
プロフィール

北國海軍工廠

Author:北國海軍工廠
出戻りのおっさん モデラー (寅年)
あっと気が付けば五十路を超え、いまだ仕事、家庭そして趣味にと苦闘中。
写真は星になった愛犬のペキニーズ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード