リアストラットその2






道北技研であります。


さて、前回のストラット試作品から同じ部品を削り出してみます。

同じサイズと言う事で、ノギスで計りながら慎重に削っていきます。


リューターを旋盤代わりですから、当然…芯ブレが発生します。
プラ棒を長めに、リューターに挿し込みまして少しずつ加工しながら繰り出していきます。



画像の1が、アッパーシートとバンプラバーを荒削りしたところです。



画像の2は、寸法とおりに進めながら車高調ネジとロアシートまで削り出したところです。

この後、下部の車高調ネジとストラットのモールドを削り出して完成となります。

削りカスは、Sセメントで溶かしてなだらかに。



結局…同じサイズを作るのに試作品から4本も。
(;_;)
1本、約1時間ほどかかります。トホホ…。

焦って削り出した、失敗例も写っていますね。
右から2番目です。
仕上げを焦ってヤスリやデザインナイフを強く押しつけますと、
芯ブレで歪んで真円に削れません。
歪んだ状態を確認出来ると思いますが。



試作品は、うる覚えのイメージだけで削り出したので失敗でした。資料画像を見たら…ストラットのモールドが逆だぞっと!?


*専門用語で言いますと、資料画像は、全長式の車高調でした。全長式は、高級品ですね。
普通!車高を調整する為に、ネジを緩めますと…車高は下がりますが、スプリングは遊びだします。
車重だけのスプリングの縮みになります。
通称~1G状態ですね。
全長式は、スプリングを緩めずに車高のみを調整出来る優れ物の部品なのです。
スプリングにプリロード!予圧を掛けるなど、車高を一定にしながら複雑な調整も可能になるんですね。



そこのモールドを逆に削ってしまった訳です。(^_^;)
更に3本と言う訳です。
微妙にロッドの長さが揃わずに、苦労しました。



実物は、アッパーシートの上にもピロアッパーと言う部品が存在しますが、模型的には無くてもOKでしょ~。(笑)




そして、削り出し部品を使ってディテールアップしたのが最後の画像です。


キットのサスペンションを切り取ります。片方は寸法を見るのに必要ですので、一気には進めません。


試行錯誤して、落ち着いた形状が撮影した画像になります。
本来の形と若干、違いますがキットの組み立てを考えますと…こんなモノでしょうか。


ブレーキキャリパーのモールドも裏面に移植しております。

ヤレヤレ…疲れました。
もう片方も残っていますし。

あっ!スプリング…
百均で素材を探さねば~。


申し遅れましたが、この部品ですね…完成したらほぼ見えません。

ははは…ここまで作りこんだぞって満足感さえ有れば!



つづく…。

リアストラット

2010020721320000.jpg
2010020721130000.jpg
2010020821210000.jpg

道北技研であります。
連続勤務の中…コツコツと。


リアロアアームは、ボチボチ形になったので…
完成はしてないけど(笑)




リアストラットの工作も平行して進めます。

前回の確認で、ホイルオフセットはクリアしてますのでブレーキを追加しています。

ブレーキは、フジミのホイルセットにオマケとして入っています。
これを流用します。


リアブレーキとして流用するには、若干…ブレーキローターが大きすぎますが。そのまま使いました。
(小さく削るのが面倒で…)ヘタレてます。


次の問題は、アオシマのホイルを使用するための加工を施します。


フジミのホイルは、ホイル側にポリキャップが入りますが。
アオシマのホイルは逆なのですね。意地悪だなぁ~。ホイル側にピンがキャストされています。


ブレーキローター側の穴を注意深く拡大して、ポリキャップを納めました。


第一段階クリアです。
ほっと♪(^_^;)




裏側へ回って、懸案のホイルアーチとホイルのズレを補正する作業です。

まずは、ロアアームの取り付け穴を長穴加工します。
リア側へ1ミリほど拡大しました。


裏側画像のプラ板を貼りつけた部分が、リアのズレを補正するためのスペーサーです。


仮組してみましたが、バッチリとホイルアーチの真ん中にタイヤが収まりました。
欠点は、ストラットが若干斜めになった事ですね。


更に、片面のみのブレーキモールドが気に入らず…。
クラブの会長さんから貰った「かたおもい」でブレーキを複製してみました。

会長~ありがとうーーーーー。
役に立ってますよ。(涙)

ポリパテにラッカー系薄め液を加えて流し込んでいます。
ローター部に反りが発生していますが、欲しいモールドはブレーキキャリパーなんで~(笑)


後々の追加工作にて出番になります。




ラスト画像は…

資料画像を見ていると、どうもキットとストラットの取り付け位置関係がおかしい?

資料画像も、クァンタムか?アラゴスタか?
紫色のスペシャルなパーツ画像なモノで(笑)


一気にイケイケで工作したら、とんでもない事になりそうで…。

試作品をひとつだけ削り出してみましたが。
いかがでしょうか?
上から、アッパーシート→バンプラバー→ショックロッド→車高調ネジ→ロアシート→車高調ネジ→ストラットのモールド→の順番で削ってみました。

形取り上手な方は、シリコン&レジンで一気に複製なんでしょうが…(汗)

片面取りが、目一杯な自分は…


出来るのか……同じサイズの削り出し!?



ムムム…ほとんど新造パーツに成りそうな予感!?
(^_^;)
同じサイズが、出来たかどうかは次回の進捗報告で。


つづく…。

リア・ロアアームその2

2010020416250000.jpg
2010020513490000.jpg
2010020517240000.jpg

道北技研であります。

木曜日と金曜日の進捗です。これより9日間の連続勤務へ…


リア・ロアアームの形状を造形しています。


前回!ロアアームは、一つの部品で左右を裏返して使ってるのでは無いのか?
気になったもので、画像検索してみました。


なんと!?一つ部品でした。フジミさんのリサーチは正解でした。形状も、それなりに正確です。
しかし、当時の部品ってアバウトだな…。
プレスした部品に補強材だけで裏側は、剥き出しって!現在ならあり得ないですね。


純正の形状が解ったところで、製作を進めなくてはいけませんね。


とりあえず、裏側を補強材で全部埋めた事にしてしまいます。
これだけでは、同一部品って表現になりませんので~プレスラインのみ片側に再現してみました。


なんか…格好悪いな!

仕方ないのでさらに溶接跡を追加してみました。
ひたすら地道に地道にプラペーパーを溶かしながら溶接表現を追加して行きます。



二枚目の画像が、なんとか非対称なロアアームだぞっと…こんな感じになりました。
リアストラットとの兼ね合いが有りますから、この辺で一時ストップで。



更に難関へ突入しています。

整形の為に切り離していたので、真鍮線で元の形に復活させています。
車高を見てみるのに、仮組しています。

タイヤとホイルを取っ替えひっ替え…
車高は良さそうですね。
ホイル・オフセットにも余裕が有りそうです。
ブレーキを追加工作するには十分な隙間があります。

あれれ…?ボディーに対して、ホイルが前寄りだぞ~。
これは問題ですね。
とりあえず、ボディーのホイルアーチの前側を軽くカットしてみましたが…ごまかしきれないなぁ~(>_<)

本腰をすえて、位置関係の修正をしなければ…



つづく…。

しばらくぶりの更新

1月の休み明け以降、仕事が立込んできまして、体調の不良も重なり
しばらくはまとまって模型に触れる時間も無く、ブログの更新も滞っておりました。m(_ _)m

temp1.jpg
temp2.jpg


「HMS Invincible」ですが、塗装をしようと持ち出したところ、なななんと艦首喫水が
欠けておるではありませんか! (T_T)
リューターで周囲にくぼみを作って、エッチングパーツの枠から切り出した補強プレートを
貼り込み、瞬着補強パテで周囲を充填、ペーパーで研ぎだし補修完了。

inv7.jpg

艦橋周囲の甲板色を吹き付け、船体にはデッキタンを吹きつけました。
この後、木甲板を国親父師匠を真似て面相筆で塗り分けていきます。

River6.jpg

一方、ちまちま工作を続けてきた「リバー級」もサフ吹き→甲板色の塗装をしました。
甲板の塗装色はクレオス軍艦色1に適宜オリーブドラブを混色しています。
この後、甲板面をマスキング→船体の基本色を吹き付けと進んでいきます。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

ディフューザーの完成

2010013022110000.jpg
2010013022100000.jpg
2010013022140000.jpg
道北技研であります。


季節の話題を、道北にある大きな沼、大沼にて氷上タイムトライアル大会が開催されました。

大沼は、昔~水源地として利用する為の人工の沼です。

氷結するこの次期に、道内の腕自慢のドライバー達が集まりタイムトライアル大会をする訳です。


今年のコースは3キロ!?
サーキット並みです。
猛者達は、スエディシュラリーぐらしかお目にかからないピレリーラリースパイクタイヤを用意してコースに挑みます。

自分のスパイクタイヤなんて…ただの街乗りタイヤですね。

このピレリースパイクタイヤ…まるでウニ!タングステンの釘のお化けです。
(@_@)

こんなタイヤを、このイベントに用意して挑む…なんとも豪勢な話ですね♪




さて、今週の進捗です。
編集中に送信してしまうヘマ…繰り上げアップになりました。(^_^;)


ディフューザーの完成です。

何度目かの修正をしまして、こんな感じに出来ました。


表側ですね。気流が、流れる面ですからスムーズに仕上げています。ダクトの形状も、まあまあだと思いますが。


裏側ですね。こちらは、カーボン布地を貼ったディテールに仕上げています。
布地までは、再現できないので…何かが?貼り重ねられた感じに見えると良いのですが。

モールドの付け方は簡単です。マスキングテープをSセメントで、なぞるだけです。サフが溶けまして筋が出来上がる寸法です。
裏側は、接着してしまうと見えなくなるんですが。
(笑)


取り付け基部のブラケットも作りこんでみました。



前回!紹介したロアアームです。
プラ板の整形も、大まかに済ませています。
そして、キットの左右非対称モールドを黒瞬間で埋めました。
こちらも面出しをしたところですね。
これから、ロアアームの形状を煮詰めていく作業になります。



つづく…。
プロフィール

北國海軍工廠

Author:北國海軍工廠
出戻りのおっさん モデラー(寅年)
あっと気が付けば五十路も半ば…
仕事、家庭そして趣味にと苦闘中。
写真は星になった愛犬のペキニーズ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード