スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その後のイージス艦

今週26日の木曜日 「丸吉航空」直送便にてデカールの配給がありました。
CM1号さま ありがとうございます!<(_ _)>
さっそく 再度のデカール貼り、今度は失敗が許されません。 (@。@;)

アーレイバーグ11

ということで、デカール終了!
5inch砲の旋回ラインは、ディバイダーでうっすらと罫書いてガイドにしました。

アーレイバーグ12

まだ若干寄れていますが、このあたりが限界です。
これまで大戦物の軍艦を中心に作って来たので、あまりデカールを貼る機会が無く、
今回は大変に勉強になりました。
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

燃料レギュレーターの続き

20091125205840
20091125205832
20091125205824
道北技研であります。


今週は、チビチビ進捗…
ネタ画像が少なくてすいません。(>_<)


休日に、作れたモノは点火コイルが3個でした。
難解な形状で、まだ修正しなくてはなりませんね。


とりあえず、レギュレーターと点火コイルを並べて接着しています。



以下は、燃料ラインの経路図です。資料写真と資料図面より経路をラフにスケッチしました。

この経路図で、配管を考えています。


*解説
レギュレーターが2個戻り方向に入りまして、圧力を管理しています。

本来は送り方向!入り口に取り付けて圧力を管理しますが、戻り方向での資料図面が有りますから間違いではないと考えます。


高圧を必要とする、インジェクター側のレギュレーターは、コレクタータンクへ一部を戻して循環させました。

一方!低圧のキャブレター側のレギュレーターは、キャブレターのオーバーフロウの危険性が有ります。素直に燃料タンクへ戻しています。

とりあえず、資料写真と資料図面から推測しています。

燃料タンクのポンプとコレクタータンクの配管にも使いますので全体の経路も一緒に考えました。

多分?大丈夫かな?
間違いがありましたら、教えていただきたいモノです。(・・;)


つづく…。

関東出張所の作業は・・・

このところ業務多忙にて、更新がままならず申し訳ないです。
先々週の週末はイージス艦のデカール貼りに挑戦しましたが、ラインデカールが
よれよれになってしまいあえなく断念。どうやってリカバリーするか考え中です。

業務の合間のほっと息抜きとして、関東の出張所でも「軍艦な生活」を送っており
本日はその作業状況をアップしたいと思います。

那智01

フジミの1/700「那智」ですな。1943年の姿を再現したいと思っております。
本日は艦橋前面の遮風装置を作りつけ、細々とした手摺も少々取り付けました。
作業時間は1時間ちょい、明日も早くからロードに出なくてはなりませんので
ここでタイムアップです。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

燃料ポンプと燃料レギュレーター

20091118205331
20091118205323
道北技研であります。

だんだんと、寒くなって来ましたね。根雪になるほどの雪では無いですが、雪の日が増えてきました。

タイヤは、スタッドレスに交換済み!根雪&アイスバーン用には、フルピンの準備をしてあります…。
って装置禁止じゃんか!?
いえいえ、路面が氷で覆われている場合はOKなんですね。

仕事で使う、トラックでのドリフト走行なんて荒業も駆使しなくては、いけない季節が近づいています。(笑)

道北の吹雪…ブリザード!!凄いですよ。車での仕事なんて…誰でも走りたくない。生きて帰れる実感なども体験できますね。

長くなりました。
本題へ~


Pバルブとブレーキラインにサフ吹きをしました。
乾燥時間を利用しまして、燃料ポンプと燃料レギュレーターを削り出します。


エンジンルームには、ポンプが2個とレギュレーターが2個必要です。

あとのポンプ3個は、燃料タンクからガソリンを汲み上げる為ですね。


気長に、ゴリゴリと旋盤加工をして個数を削り出しました。

ポンプには、固定バンドのモールドも削り入れています。後々…プラペーパーでバンドを巻き付ける工程を省いています。


サイズが微妙に違いますが、手作業って事で…
(^_^;)


同様な手順で、レギュレーターも削り出します。
更に小さな部品なので、追加工作と持ち手に、レギュレーターのホルダー板を接着しておきます。

これから、レギュレーター側面にホースジョイントの追加工作をする予定です。


後は、点火コイルを3個!自作しますとパーツが揃います。


以上!今週の進捗でした。
つづく…。



*燃料ポンプと燃料レギュレーターの解説

燃料ポンプは、燃料をエンジンへ送るポンプです。
何故に、こんなに必要なのか?

600馬力オーバーのエンジン故に、大量のガソリンを送らねばなりません。
1気筒につき毎分800ccほどを供給しなくては成りません。6気筒有りますから…4800cc必要になりますから。

ってことは?100リッタータンクですと約21分で空になります。はい…全開走行では、そんな計算になりますか。
燃費悪いですね~。(笑)


燃料の安定供給の為に、沢山のポンプが必要になります。


燃料レギュレーターは、普通は1個です。レギュレーターとは、燃料の圧力を一定にする蛇口みたいなモノですね。

2個!有る訳は、キャブレターの圧力と追加インジェクターの圧力が違うからなのです。


劇中の設定は、キャブレター式ツインターボ!不足の燃料は追加インジェクターによる。
こんな、設定です。
面倒でも、燃料ラインを2系統製作することになります。


以上!解説でした。

ブレーキラインの配管

20091111205309
20091111205301
道北技研であります。


さて!Pバルブを使いまして、ブレーキラインの配管をしました。


これが又…厄介なモノでした。
まず、実車通りのエンジンルームの容積が無いんですね。(^_^;)

センタートンネル付近のボリュームも不足しています。


左手のPバルブの位置は、実車通りです。正面のPバルブ位置は、かなり苦しいですね。
本来は、もっと下側に有ります。


で、位置決め!配管した画像になってます。


左手のバルブより、フロントブレーキラインを左右2本!取り出しています。

排気管のそばを通過しますから、マスキングテープの細切りを耐熱テープに見立てまして、巻きつけました。


正面のバルブからは、リアブレーキラインを取り出しています。


裏面の画像で確認出来ると思います。
2本のブレーキラインは、クリップの様なモノで固定されています。
モデラーズのプラ製マスキングテープを巻きつけて、クリップに見立てました。

裏面画像の上側は、燃料ラインがエンジンルームに到達した所ですね♪

排気管そばの、プラ板がフロントブレーキへとつながります。

後は、サフを吹いて工作の状態のチェックをしてみまぁ~す。


以上!今週の進捗でした。

いよいよ!!燃料レギュレーターと点火コイルの製作に進めるか!?
って感じまでたどり着けました。長かったなぁ…


エンジンルームの終点が見えてきました。


エンジンルームの次は、車高出し。

ブレーキの加工。

ホイルのオフセットなどに製作が進みます。
車高とオフセットは、カーモデルの格好良さの原点なので慎重に工作します。

排気マフラーを製作。

ディフューザーの製作で、下回りは終了です。
目立つロールバーなどの製作は、年内は無理ですね~。こんな感じのスケジュールですかね。


頑張ります。(笑)

つづく…。

Pバルブ

20091104212517
20091104212508
20091104212500
道北技研であります。


ブレーキ回りの部品、Pバルブ(プロポーショニング・バルブ)を作ってみました。
Pバルブは、マスターバックのオイル圧を4輪に分配するバルブです。


試作(失敗)部品を交えながら、解説します。
いつも通りに旋盤加工で本体にエンドのボルトも削り入れました。

失敗の始まり…
さて分配用のジョイントの下穴を空けなきゃ~。

便利な、毛鉤バイスではさんでピンパイズで穴空け♪表が、3つ!裏が、2つ!
パキパキパキ!エンドのボルトモールドが欠けてしまった。(>_<)
バイスの保持力が強すぎた…


作り直したのが、完成部品です。プラ棒の状態で穴空けを施してから、ボルトのモールドを彫り込みました。

エンドも、ローガンの目をこすりながらリューターにて六角ボルトに整形しています。

ジョイントの削り出しをした画像です。チマチマと、こんな部品を10ケ作ります。4ケほど、飛ばして紛失してますが…(^_^;)


なんとかモノになったのが、2個ですね。
更に、チマチマした削り出し部品でディテールアップ!パイプの穴空けも済ましています。総数で12点ほどで構成されてますか…。
カッターマットの1cmマスと比較できますね。


エンジンルームへ仮組?場所合わせと進めそうです。

『配管が問題だぁ~。色々な参考画像を調べて見ますと、ZにS13のマスターバックをスワップした例は1件だけと…
配管の様子も一部しか見えておりません。ただ!解ったことは、メクラをして1本しか配管を生かしてない様な…
配管は、辻褄合わせのインチキになりそうです。』
m(__)m


しかし…Pバルブ!Zに2個有るのかなぁ~。
疲れた、目が痛いっす。


つづく…。

週末の進捗状況

連投になりますが、先の週末の進捗状況をアップしたいと思います。

航空隊6

海軍航空隊は基本塗装を終了しました。やはり原色の発色が難しいですな。
もう少し落ち着いて見えるようにフィルタリングを頑張ってみたいと思います。

アーレイバーグ9

イージス艦も基本塗装を完了しました。

アーレイバーグ10

武装パーツを乗せると、ぐっと軍艦らしさが増して精悍なイメージとなります。
今回はエッチングなしのレギュレーションなので、残る工程はデカール貼りと墨入れです。
明日は関東でOFF会があるので、艤装完了・完熟航海に行ってきます。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

超ミニ艦隊のご紹介

今日は以前からリンクさせていただいている「超ミニの部屋」arumok1124jpさまの作品を
紹介したいと思います。
半年ほど前のOFF会にてarumokさまから預かっていた1/4,000の艦隊です。
さしずめ、スカパフローに抑留されたドイツ艦隊といったところでしょうか。
arumokさまからは以前より掲載許可を頂いておりましたが、超マクロの撮影が難しくなかなか
紹介することが出来ませんでした。
明日のOFF会にて、本国に返還するため最後のチャンスで撮影してみました。

超ミニ1

大正時代の日本海軍戦艦 「長門」と手前は1930年代のフランス重巡「フォッシュ」

超ミニ2

架空艦です。大正期の日本海軍「八八艦隊」構想の巡洋戦艦「天城」(左)と戦艦「加賀」(右手前)

超ミニ3

大きさの比較です。大変に微細なすばらしい加工ですね。
興味をもたれた方は、右下のリンクから「超ミニの部屋」をクリックしてみてください。
このブログでもご常連の「R.N工廠」さまサイトでは、1/3,600の第1次大戦各国軍艦をスクラッチされて
ます。こちらも大変マニアック。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

北國海軍工廠

Author:北國海軍工廠
出戻りのおっさん モデラー(寅年)
あっと気が付けば五十路も半ば…
仕事、家庭そして趣味にと苦闘中。
写真は星になった愛犬のペキニーズ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。