スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水雷戦隊その6

いよいよ展示会が迫ってきました。この週末の進捗状況です。

水雷戦隊7

リノリウム部分のマスキングは完了しています。
トップマスト、ファンネルキャップ、各部手摺などディテール工作を追加。
あと週末は1回だけ、間に合うんだろうか… あうう (T_T)
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

車体加工

20090325213857
20090325213855
道北技研であります。

車体加工の続きです。
前回、延長した部分にプラ板を貼りつけて、折り返しを加工しました。この部分に左右フェンダーが装着される訳です。
バンパーの支持部分をエバーグリーンのCチャンで、らしく造形しました。

ノーマル状態より下方へ延長造作されたと表現する為に苦心する事になります。裏面のタイヤハウスは、ほぼ実車と同じです。補強を兼ねて、パイプフレームを追加しております。

上面、開放状態でしたストラットタワー上部は塞ぎまして剛性をアップした形状へ作り直しました。


これより、加工改造された部位との差をどう表現するかの問題に直面してしまいます。
ほぼ推測の世界になってしまいますが…


久しぶりに、心踊るZを特集した雑誌を買いました。これから熟読します。


つづく…。

水雷戦隊その5

本日は九州方面にロード中。
福岡空港で飛行機の待ち時間を利用して記事をアップします。

水雷戦隊6

甲板のリノリウム塗装後、チマチマ・マスキングをしながらディテールを追加しています。
メインマスト測適所、各プラットフォームの手摺、煙突のジャッキステー・蒸気捨管など
後部では、航空作業甲板張り出しの支柱など工作しています。

水雷戦隊その4

3連休の中間報告です。

水雷戦隊5

昨日「春分の日」の建造状況です。
サーフェイサー → 加工状態のチェック・修正 → リノリウム甲板塗装
とすすめまして、現在 チマチマとマスキング中です。
ところがマスキングテープが足りなくなってしまいました。
買出しに出動です。 (>_<)

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

水雷戦隊その3

先の週末は土曜日までロードが続き、モデリングは日曜のみとなり
サフ吹きの手前で力尽きました。

水雷戦隊3

特型駆逐艦3隻は前後マスト、甲板通風筒、ボートダビットの加工など

水雷戦隊4

中央部 拡大写真です。瞬着のはみ出しなどこのくらい拡大すると荒が目立ちます。(>_<)
マストは0.4mm(主楼)0.3mm(三脚檣)真鋳線 0.1mm、0.08mm銅線など使用。
ピットロードのエッチングパーツにてヤードを取り付けていますが、その部分は
0.4mm真鋳線が半分のサイズになるまでヤスって違和感が少なくなるよう工夫しております。

この週末こそ サフ→甲板リノリウム塗装をやっつけねば! (^o^)丿

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

車体前面の加工

20090318214027
道北技研であります。北國海軍工廠さんが、忙しいそうですのでアップが連投になります。


車体前面の加工です。中途半端で止まっていた側面のパネルを延長しました。
ボディーのエアロに合わせて下方にも延長しています。
整流パネルもプラ板にて造形しました。これで、車体とボディーの接続が可能になりました。

で、誰もしない加工を施しました。タイヤを付けたら隠れてしまいます。
タイヤハウスへの補強を表現しました。
タイヤハウスは、不完全ながら動かないアッパーアームを兼ねております。ですから、こんな加工になります。下方から上部へ当て板を溶接して補強を施しリブを立てた構造にしました。
左右の穴の空いた補強板を貼りつけて、タイヤハウスへのより高い剛性アップを図ったと見立てています。レース用語でステフナー加工と呼ばれています。


車に詳しい方にも、納得の造形と思います。

などなど、自己満足な造形と加工へ進んています。

つづく…。


はぁ…明日、抜歯されそうです。憂鬱だなぁ~。水曜日アップの真相でした。
(>_<)

春眠…

20090315123851
道北技研であります。

除雪疲れかな?
非常に夜が眠い状態です。作業が、沈滞しています。

画像は、前作のポルシェとの比較画像です。これと同等、これよりレベルアップを目指すので時間が掛かってしまいます。


知らない方への説明です。このポルシェは、外観と内装のみのモデルです。
バスタブと基本車体以外は、フルスクラッチしております。

早く、春眠から脱却したい~(>_<)

ラジエターパネル前面

20090312091910
20090312091908
道北技研であります。
休日にて、更新です。

近況…奥歯は、四度目の再生も効かず抜歯になりした。(>_<) 再生へ向けて長い3月になりそうです。


ラジエターパネル前面の進捗です。参考資料を見ていると、タミヤのサファリZにホーンが有るのを発見しました。
車なら、クラクションですね~。ホーンを自作しました。
例のごとく、旋盤加工でホーンを削り出しました。でらしくプラ材を貼りつけてフェラーリホーンらしくしました。

完成したのをパネル前面に接着して配線してあります。

ラジエターパネルは、ユニットとしてほぼ完成しました。これより、インタークーラーの造形へと進みますが問題があります。
ラジエターパネルは、エンジンルームの容積を決定したものです。ですから、パネル前面の容積が決定していませんのでバンパーからパネルまでの容積を決定する作業になります。

後回しにしていた、車体前面の最終造形をしていきます。

つづく…。

水雷戦隊2

4月の展示会に向けて、今日もボチボチ進行中です。

水雷戦隊2

特型駆逐艦・・・舷窓、艦橋ディテール、舷外電路、スキッドビーム等工作しました。
来週は甲板塗装まで行きたいのですが、間に合うんだろうか・・・

航空隊1

海軍航空隊・・・雑誌付録の零戦21型ですが、コックピットの素組-デカール貼った状態。
さすがに最新の企画キットだけあって、すばらしいですね!

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

ラジエターパネル

20090304212748
20090304212746
道北技研であります。

明日は、休日ですが…トラブル発生しました。お菓子のキビタンゴを食べたら、被せた奥歯が取れてしまいました。キビタンゴの粘着力~恐るべしです。
歯医者さんに、明日行きますので今晩アップします。

ラジエターパネルの前面へと工作が移ってきました。画像は、オイルクーラーのパイプラインを真鍮線にて造形したところです。ゼリー状の瞬間にて肉盛り、ターンバックルをでっち上げてます。モデラーズのパーツもありますが、オーバースケールにて瞬間樹脂にてらしく造形しました。

ついでに、移植されたオイルフィルターを旋盤加工にて再現して参考資料の位置へ接着しました。


が、この後の工作にて取り付け位置の変更を余儀なくなってしまいます。


裏側も、溶きパテを塗って工作精度の確認をしています。電動ファンへの配線もしました。実際は並列の配線ですが、模型としての映えを考えますと二本の線がツイストしていた方がらしく見えますので、わざとねじって二本有る事を強調しています。


はぁ…歯医者さん、面倒ですが行ってきます。(>_<)

突然 水雷戦隊

唐突で申しわけありませんが、4月の展示会に向けて別テーマの製作記事を
スタートします。

JME1.jpg

テーマは「ソロモン」です。昨年は「リー艦隊」や「三川艦隊」をテーマとして
一連の作品をつくりました。
今年は第三次ソロモン海戦での掃討隊「第3水雷戦隊-第19駆逐隊」です。

JME2.jpg

戦史に明るい方は、「あれね・・・」というくらい、有名なエピソードですね。
軽巡「川内」を旗艦として第19駆逐隊「浦波」「綾波」「敷波」の3杯の特型駆逐艦で編成されていました。
工作の中心は「浦波」です。実艦はI型とII型の端境に建造された特異な形態をしています。
キットは35年以上前に発売されたタミヤの主要部品に、一昨年発売のピットロードのプラパーツ
とエッチングパーツを使用したハイブリッドです。
今回は甲板のすべり止め表現にアルミホイルを使っています。
照明の反射で写真が見にくく申し訳ないです。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

北國海軍工廠

Author:北國海軍工廠
出戻りのおっさん モデラー(寅年)
あっと気が付けば五十路も半ば…
仕事、家庭そして趣味にと苦闘中。
写真は星になった愛犬のペキニーズ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。