舷側回廊の工作

日本海軍の航空母艦の場合は、船体・格納庫の上に飛行甲板が乗っかっている状態なので
船体と飛行甲板の加工を済ませて、最後に合体させる工作方法が一般的と思われますが、
この艦の場合、船体と甲板が一体構造のになっているので、飛行甲板を接着した後でないと
甲板周辺のディテールを工作することが出来ません。そこで舷側回廊部の仕上げを先行する事にしました。
ちょうどエアーモデルがコックピットの内装をして胴体に挟み込まないと、その先が工作できないのと同じような状況です。

Ark05.jpg

写真は内装パーツと中に組み込む艦載艇の工作状況です。
内装パーツは押しピンあとやバリを取って、ヤスリがけ、床をダークグレーで塗装。
艦載艇は内部を白塗装し座席とブルワークを茶色に塗り分けています。
(1940当時英国海軍の艦載艇がそのような塗りわけだったか定かではありません。m(_ _)m
やけに艦載艇が多いのですが、ちょうど同時進行していた 1/700 日本巡洋艦の分も一緒に
塗装していたのでした。(^_^;) わかりにくくてすみません。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

ボディーライン

20081130122053
道北技研であります。

ボディーラインの修正点です。前回!フロントグリルを拡大、サイドシルを下側に延長まで進みました。

当初の解釈としては、サイドステップ形状にしてフロントとのバランスをと考えました。が!あまりにも、ボリュームが出過ぎてZのラインが崩れてしまいました。

Zのノーマルラインを生かしつつ、サイドシルに厚みを着けた形状に削り直しました。

画像は、溶きパテを塗って工作部の形状を確認しているところです。タイヤも小さめに感じましたのでBBSホイルに仮に載せてみたところです。

いかがでしょうか?悪魔のZの雰囲気が大径ホイルによって迫力が出たような~。

つづく…

船体形状の修正

船体の各部の形状を修正しております。

Ark03.jpg


手を加えた部分は
1. 前回に引き続き艦首フレアーとナックルの形状削りだし。
2. ホースパイプの追加
3. 艦首フェアリーダー部の開口
4. カタパルト形状の変更(これは船体と飛行甲板の接着後、再度調整の予定)
5. 各部開口部の面取り(実艦は開口の角が少し丸まっている。)

Ark04.jpg


6. 艦載艇甲板の位置下げ 約 1mm
7. 艦載艇甲板張り出し下の補強プレート取り付け
8. 右舷艦載艇下の連続開口の再現
9. メインクレーン下サポートの大型化
10. 高角砲甲板の嵩上げ 約 1.5mm
11. 艦尾ナックルの再現

ひととおり修正した後に捨てサフで作業状態を確認しました。 ふーっ (^_^;)

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

本日のお買い物

20081127160637
道北技研であります。

休日&給料日でした。模型屋さんに、取り置きしていただいたモノを買ってきました。

フジミの再販モデルです。1/24トランザム・ファイヤーバードです。キット内容はと…再販でありますからモデラー魂を掻き立てる内容です。
外箱には、1984年にモーターライズキットととして開発された為、シャーシ、内装は正確に再現されとおりません。と注意書きがあります。

キットインプレでした。

で、左より薄め液、ゼリー状、硬化スプレー、耐衝撃性とプロクソンの純毛バフ3種セットを買いました。
バフは、仕上げの精度とスピードがアップするかなと考えた為です。これから、使ってみます。

コミックの表紙は、トランザムが欲しくなった理由です。バーストと言うマンガでトランザムが活躍するんですね♪

以上!リアルタイムでした。

フロントグリル

20081125233552
20081125233545
20081125233509
湾岸ミッドナイトの雰囲気を解釈しまて、まずエアロをバンパーとエアロを切り離します。

キットのグリルも切断しています。仮に接着してみたところです。
バンパーの厚み分を下に下げ、さらにエアロも同じように下に下げていす。

この時点で、キットのバランスが崩れていますがコミックを重視しますと…こんな感じかなぁ~。

合わなくなったホイルアーチを削りこんでボディーラインに合わせていきます。隙間は、プラ板と黒瞬間で埋めてしまいます。ポリパテ等は、いつまでもヒケますので瞬間接着剤を愛用しています。

ポリパテとプラ材は、膨張率が違います。焦るあまりにヘアドライヤーで乾燥させてしまって、消したはずの段差が浮いて出てしまった苦い経験があります。
(^_^;)

下側へエアロが下がってしまいましたので、サイドシルも下側延長してフロントとサイドのバランスをとって見ました。タイヤも小さく感じたのでホイルにマスキングテープを巻いて大きさのバランスを見ています。

ある休日の成果です。

つづく…。 道北技研

悪魔のZ製作記

道北技研であります。
20081124203825


ブログと言う事で、製作記を初めます。

製作開始時期は、管理人さんのアークロイヤルよりも少し後の開始になります。
画像は、とりあえずキットを仮組みしたところです。キットのプロポーションは、古い金型にしては非常に良くS30Zをコピーしています。素組みで行くには合格点ですね。
しかし、コミックの湾岸ミッドナイトのZとしては?のところです。
コミックでは、顔(フロントグリル)を強調して大きめに描いています。こいつをクリアしないと、あっ!悪魔のZだっと認識できないのでフロントグリルがボディーの工作ポイントになってきます。

エンジンですね。後々の工作の為にサクサクと組み立てています。問題は、SUキャブレターかと思います。これは、フジミのガレージキット(車庫)に内包のキャブレターに交換と目処をつけてあります。

が…簡単に考えていたエンジンのモールドミスに後々気づくことになります。

つづく…。

艦首の整形

この艦の最大の特徴であるエンクローズドバウと艦首のナックルラインを整形します。
キットは太目で絞りの少ない形状でしたので、写真を見ながら削り込んでいきました。
写真では元のプラの厚みをすべて削ってしまって、裏打ちのポリパテが露出してしまった部分もあります。
舷側の装甲帯もプラ板の増し貼で表現しています。

Ark02.jpg

それにしても、何度見ても不思議な艦首形状です。(^_^;)

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

秘かに進行中…

20081123154652
了解しました。ありがたく、道北技研を拝命します。(^-^)v

秘かに進行中…
富士見1/24 悪魔のZであります。

ベースキットは、非常に古いキットで240Zと思われます。エンジン付きでしてL型エンジンにSUキャブレターと言う内容です。
これに、悪魔Z用のエアロと8スポークホイルが付属しています。

資料も温めていましたし、湾岸ミッドナイトの雰囲気と内部構造の再現を目指したいと思います。

管理人さん!よろしくお願いします。

はじめまして

今日からブログはじめます。

現在進行中の船は「HMS Ark Royal」 エアフィックスの1/600スケールです。
キットはフルハル状態でしたが、艦底部分をノコでばっさり! キャー!
ウォーターラインモデルとして作製していきます。

Ark01.jpg

古いキットですので、現在のキットと比べるとモールドやディテールはダメダメですが、独特の存在感があります。
ホワイトエンサインからこのキット専用のエッチングがリリースされています。
他に「世界の艦船」など資料を参考としながら作りこんで行こうと思います。
プロフィール

北國海軍工廠

Author:北國海軍工廠
出戻りのおっさん モデラー(寅年)
あっと気が付けば五十路も半ば…
仕事、家庭そして趣味にと苦闘中。
写真は星になった愛犬のペキニーズ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード