FC2ブログ

「白船」企画 その2

また更新の間が開いてしまいました。

週末ごとに地味な加工を続けております。

IMG_9901.jpg
「春日」の工作状況。前後艦橋の支持支柱を取付。
IMG_9932.jpg
「出雲」も艦橋支柱を取付。海図室のハウスはジャンクのエッチングを利用。

IMG_9927.jpg
11月4日の全景。
手前から「吾妻」「八雲」「春日」「出雲」です。
前後 艦橋構造の工作をおおよそ終わって、上甲板中央の塗装を済ませました。

1週間後、11月10日の全景です。
IMG_9934.jpg
手前から「出雲」「春日」「吾妻」「八雲」

IMG_9939.jpg
「吾妻」ホワイトメタルのスキッドビームパーツを取付。
ギャングウェイを0.3mmプラ板切り出して取付。

IMG_9938.jpg
「八雲」こちらは0.5mm真鍮線をやすって長方形断面にしたスキッドビーム。
舷側の汚水捨て管など接着。
防雷網ビームを操作するための舷外通路を、エッチングパーツで取り付け中。

IMG_9940.jpg
「春日」スキッドビームなど、同様の工作。
舷側の5インチ副砲砲郭のレベルがあっていなかったので、キットモールドを
削り落として、プラパイプの工作でリセット。
中央部の47mm砲プラットフォームもプラ板工作で取り付け。

IMG_9936.jpg
「出雲」にも同様の工作をしました。

「白船」企画 その1

新企画です。
「白船」って何かって~と「グレートホワイトフリート」です。
明示41年に世界一周航海をしたアメリカ海軍大西洋艦隊を指します。

来年の静岡に向けての企画になります。
アメリカ艦隊 戦艦16隻と横浜で出迎えた日本海軍の戦艦、巡洋艦を
揃えていきたいと思います。

企画はいつものメンバーです。
アメリカ艦隊受け持ちは衛さん、日本艦隊は小野浜造船さんと自分です。
RN工廠さんは、超ミニスケールによるパネル作成を担当します。

まず装甲巡洋艦「八雲」と「吾妻」に着工しました。
1/144 フラワー級の撮影の際、背景に写っていた船体のうち2つです。(笑)
   IMG_9662.jpg   IMG_9666.jpg
 
煙突がメタルパーツのハイブリットの方が「吾妻」(シールズモデル)
レジンオンリーの方が「八雲」(モデルクラック)です。

両艦ともフライングデッキ、艦橋のハウジングをプラ板でスクラッチしました。
煙突、キセル型給気筒など取り付けています。

八雲の方は、艦首、艦尾の12ポンド砲のケースメイトの形状が全く違って
いたので、プラパイプでリセットしました。

ご笑覧くださいませ。






1/144 フラワー級コルベット その10

8月24日 合同例会に参加時点での各部の仕上状況です。

IMG_9600.jpg
艦首部分
 音響機雷の掃海具であるアコースティックハンマーは
 キット部品があまりに似ていなかったのでプラ板でリセット
 いろいろ資料をあさったのですが、決定的なもの入手できず
 H型鋼を組合わせたようなフレームとしました。

IMG_9603.jpg
4インチ主砲部分
 塗装の甲板面はダークシーグレー、歩行帯のノンスリップ加工部分は
 ミッドナイトブルーを混色して塗り分けました。

IMG_9605.jpg 
艦橋廻り
 水兵さんはNゲージ用の鉄道員さん、自衛隊さんから強制徴募により乗組んで
 います。(笑) 士官はカーキ色の防水コートとし、水兵は白い帽子に紺のセーラー服を
 着せました。
 手摺の外側に張ってあるキャンバスは「雁皮紙」という極薄の和紙を使っています。
 ヘッジホッグ弾体の赤い帯がチャームポイントです。

IMG_9607.jpg
マスト、煙突周り
 リギングはいわゆる伸縮性のあるリギング用線材を使っています。
 マストのステーは「モデルカステンストレッチリギング1.5号」
 煙突のファンネルガイは「モデルカステン0.6号」
 無線策とヤードのリフトは「インフィニモデル 110デニール」
 旗策は「インフィニモデル 70デニール」と4種類の糸を使い分けています。
 ステーやファンネルガイには、ターンバックルの替わりに0.5mm真鍮パイプを
 通しています。

IMG_9609.jpg
エンジンケーシング廻り
 スカイライトはクリアーパーツをマスキングして塗装後、エッチングパーツの塗装を
 デザインナイフでこそぎ落として真鍮の地肌を出し、クリアー塗装しています。
 エッチングパーツを両面に張った爆雷のパーツはシルバーのドライブラシで重量感を
 表現しました。

IMG_9610.jpg
艦尾周り
 HMSバターカップは英国海軍籍ですが、降伏後に英国に渡った「自由オランダ軍」の
 水兵によって運用されました。そのため艦尾には、ユニオンジャックとオランダ国旗が
 並列で掲揚されています。
 旗はキット付属のデカールをアルミホイルの両面に貼付け、乾燥後なびいた形に変形。

1/144 フラワー級コルベット その9

盆休み明け(8月17日)に北國工廠より、関東工廠へ回航しました。

無事の回航を祝し、関東工廠で一杯!(笑)
line_1566047420981.jpg

今回は海景のジオラマ仕立てとなります。
台座は老朋友のRN工廠殿 謹製です。

8月24日に恒例の室蘭、函館、青森、八戸の模型クラブ合同例会が
青森の浅虫温泉で開催されました。
回航後1週間、睡眠時間を削りながら突貫工事にて仕上をしました関係で
途中の写真がほとんど残っておりません。申し訳・・・m(_ _)m
line_1566511138816.jpg
これは基本塗装が終わって、海面に仮固定した時点の写真です。

海面につきましては
1.100均の軽量粘土にて下地の形を作成。今回は黒と青のカラー粘土を練り合わせ
 まだらな下地を作りました。
2. ラッカー塗料 ジャーマングレー →  ダークグリーン → デイトナグリーン →
 フロシタニアンブルー
 いずれも自然なムラになるよう色を重ねていきます。
 深度のある海は、光を吸い込むので彩度の低い色合いになります。
 うねり影響や船の航跡の部分は、表層に空気の泡を巻き込みますので
 明るめに鮮やかに色が乗るように意識して吹き残します。
3. アクリルジェルメディウムを塗り重ねます。
 厚めに艶ありの透明層を作ることで、水の質感を表現します。
4. 航跡の波頭を アクリルレジンサンドで造形します。
 実艦の写真を見ながら感じを出していきます。
 艦首が海水を左右に掻き分け、それが広がっていく感じ
 スクリューでかき回された海水が渦になる様子をイメージしています。
5. 波頭をアクリルのフラットホワイトでドライブラシ

IMG_9619.jpg
 
仕上り状態です。

ご笑覧ください。

1/144 フラワー級コルベット その8

更に連投です。

塗装に入りました。
まず木甲板です。
ラッカー塗料の「タン」を下塗り→ エナメルの「ウッドブラウン」「ダークイエロー」等
混色しながら、木目を塗り分け→ ラッカーの半艶クリアで一旦定着
→ シャブシャブに溶いたエナメルの「レッドブラウン」でウォッシング
ジッポライターのオイルを沁み込ませたベビー綿棒を使い丁寧に拭取っていきます。

IMG_9519.jpg
艦首の木甲板。

IMG_9515.jpg
艦橋上面の木甲板。

IMG_9521.jpg
ヘッジホッグは弾体に赤い帯を入れて全体はエンジングレーで塗装。

お盆休みの残りは甲板のマスキングで終了~~ (T_T)
ご笑覧ください。
プロフィール

北國海軍工廠

Author:北國海軍工廠
出戻りのおっさん モデラー(寅年)
あっと気が付けば五十路も半ば…
仕事、家庭そして趣味にと苦闘中。
写真は星になった愛犬のペキニーズ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード